パーフェクトBBQガイド!

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

春先から夏に掛けては野外でバーベキューを楽しむという方が多いと思います。公園で、キャンプ場で、河原で… というのが通常パターンだと思いますが、今年は自宅の庭で楽しむちょっと特別なバーベキューを開催してみませんか?豪快にワイルドにお肉を焼くだけがバーベキューじゃありません。ちょっとしたセッティングと演出で素敵なホームパーティーにしてしまいましょう!

気分はガーデンパーティー

食材を買い込む前にまずはゲスト全員が座ることの出来るテーブルセットを用意しましょう。野外でのラフなバーベキューは立ったままだったり地面に直接座って食べる… ということが多かったかもしれませんが今回は禁止です。屋外用のプラスチック製で構わないので最低限人数分の椅子を用意、そして使い捨ての紙皿&紙コップではなく、クロスを掛けたテーブルにお皿とフォーク&スプーンを用意すれば気分はガーデンパーティー。

ポップカラーでテーブルデコレーション

Oh So Prettyが手掛けたダイニングルーム
Oh So Pretty

Lime Range

Oh So Pretty

一歩進んだ今回のバーベキューパーティーに必要なのがテーブルデコレーション。お勧めはこちらのライムカラー。カトラリーをライムカラーで統一、そして本物のライムもテーブルに用意しましょう。エネルギーを感じさせるこの色は食欲を増進させ、フレッシュな香りで気分も明るくさせます。もちろんディップにしたりドリンクに入れたり、焼けたお肉に絞れば胃がもたれず食後もすっきりという嬉しい効果もあります。

日焼け&熱中症対策に

Living Spaceが手掛けたベランダ
Living Space

Patio Canopy

Living Space

時に強すぎる夏の日差し、そして突然の雨などの天候の変化に対応する為に庭用の屋根を設置するのもお勧めです。紫外線対策や熱中症を防ぐほか、建物に隣接して設置すれば深い庇となって室内の温度上昇も防ぐことができます。こちらの写真の様に鉄骨やステンレスに半透明の屋根ならモダンながらどんな家にも合います。木製ならナチュラルでリラックスした雰囲気に。ヘチマやゴーヤなどつる性の植物を植えれば天然のクーラーになる上、収穫も楽しみ。

食後もまだまだ楽しんで

食事が終わったあともすぐお開きにするのではなく、お腹がいっぱいで少しぼんやりするような食後の幸せな時間をゲストと一緒にまったりと楽しみましょう。こんな時に過ごしたいのが頬を撫でる風が心地良いアウトサイドリビング。徐々に暮れていく空と涼しくなった空気を感じながらお喋りや食後酒を楽しみたい。もちろん室内からソファを運び出して即席のアウトサイドリビングを作ってしまえばOK。そのまま次のパーティーの計画へと話題が盛り上がるかも。

アフターダークのバーベキュー

Rivelinが手掛けた庭
Rivelin

Stealth Boat Fire Table – Southampton

Rivelin

時には日が暮れてから行うキャンプファイヤーのようなバーベキューはいかがでしょうか。まだ少し肌寒い春や初夏の夜にぴったりです。パティオに設置されたコーナーに皆が集い、炎が揺らめく様やパチパチという音を静かに聞きながら星空を眺め、そして始まる食事… という素敵な時間を約束します。ここで肝心なのはムードの演出です。屋外用の照明があれば炎の邪魔にならない程度に落とし、状況に応じて調節できるのがベストです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!