自宅にジムをつくるには?

Kawase Minori Kawase Minori
Loading admin actions …

健康ブームの現代、ジムが家にあったらなと夢見る人もいるのでは?しかし自宅にジムと聞くと敷居が高いイメージですし、何から始めたらいいかもわかりませんよね。ですがきちんと用意をすれば難しいものではありません。どんな運動をこれからするのかを明確にし、自分専用の快適なジムを作りましょう。今回は自宅にジムを作るアイディアを紹介したいと思います。

部屋の選択

まず部屋を選びます。ジムとなる部屋は、道具が置かれていない部屋を選びましょう。物があるのを気にしていては運動に集中しにくいですし、また危険です。清潔感も気持ちよく運動するには不可欠です。色が統一された部屋だと清潔感もありまるで外のジムに行ってるかのような気分にもなれます。明るい光の差し込む部屋がいいのか、広ければ広いほどいいのか、それぞれジムで何がしたいかを明確にし、部屋の選択をしましょう。

適切な床を選ぶ

自宅にジムを作る際に注意すべきことは安全性です。滑りやすい床では滑って転倒という事故につながります。運動に集中する環境づくりのためには床には細心の注意を払いましょう。特にダンス系の運動をしたい人は床を第一の優先事項として選ぶのをおすすめします。この写真は安心な床で運動に集中することができます。

居心地のいい雰囲気をつくる

居心地のいい雰囲気とは、ここにきたら運動をするんだ。と励ましてくれるような部屋のことです。部屋の目的が明確であると集中することが容易にできます。部屋に入った瞬間にスイッチが入るように整えることで継続して「ジムに通う」助けにもなります。また、ヨガやピラティスは狭いスペースでも行うことができるため専用の部屋を持つことを諦めている人もいるのでは?しかし、もともと集中力が大切なヨガやピラティス、そんな方にこそ居心地のいい雰囲気の部屋を作ることはおすすめです!

用具を揃える

さて部屋の準備が整ってきたら、ジムに設置する必要な器具をリストアップしましょう。といっても本格的なジムのように全ての用具を揃えるのはコストもかかるし、場所もとり肝心の運動するところがなくなってしまった、、。ということにならないように。迷ったときはストレッチが主なのか、筋肉トレーニングか、それともランニングマシーンを使った運動なのか。自分がどんな運動をするかがわかればどんな用具が必要かも明確になってきます。

お風呂をこだわる

運動で汗を流した後はお風呂でさっぱりと。こだわりのデザインでリラックスもできるような極上のお風呂だったら最高ですね。運動で汗を流してお風呂に入りたい!とモチベーションを高める助けにもなってくれそうです。この和の雰囲気が美しく、まるで温泉にいるかのような気分になるバスルームは福岡を拠点に活動するAMI ENVIRONMENT DESIGN手がけられました。家が高級なジムに早変わりです。

自分好みにカスタマイズ

自宅にジムを作るメリットは自分好みに変えられることです。外のジムは単調なデザインが多かったり、他の人の目が気になったりしますよね。運動も心地のいいものに囲まれていたらやる気がでるというもの。照明を工夫してリラクゼーション効果や、壁紙を明るい色に変えたり、音楽が好きな人は音響を工夫するなど。自宅のジムライフを快適にしましょう!

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!