見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

子供に安全な家づくりはどうすればいい?

Kawase Minori Kawase Minori
Loading admin actions …

子供に安全な家とはどういう家でしょうか?大人にとっては危険ではない物や場所も子供にとっては危険な物となる場合があります。特に小さい赤ちゃんにとっては何もかもが危険と言っても過言ではありません。しかし子供たちには家の中でのびのびと過ごしてほしい。そのような願いが家族にはあるのではないでしょうか。家の中の危険になりうるものはあらかじめ想定して避けることができます。ここでは子供に安全な家づくりのための部屋別のアイディアを紹介していきます。

子供部屋

H's HOUSE: dwarfが手掛けた子供部屋です。
dwarf

H's HOUSE

dwarf

子供部屋は家の中でもかなり自由度の高い部屋かなり自由度の高い部屋です。メルヘン、カラフルにもまたアトリエのような自由な雰囲気と大人でもわくわくしますよね。しかし子供部屋は大人の目の届かない場所。子供たちが思い切り遊んでも平気なような部屋を準備する必要がありますね。この写真、机がないのに気が付いたでしょうか?なんと棚を机として使えるのです。これで机が倒れる等の心配がありません。また棚の位置も低くしてあり、子供たちが物を容易に出し入れできるところもとても安全。固定された家具、倒れる物を少なくするというのは子供に安全な家をつくる上でとても重要です。

キッチン

duaが手掛けたキッチン
dua

PIA, a kitchen shelf / büniert

dua
dua
dua

キッチンは刃物や火など一つ間違えば大きな事故につながってしまう物で溢れています。家の中で最も危険ともいえそうです。刃物や火は誰にでも危険だと気づくことができ、対処もできますが、見落としがちなのが調味料のビンなどの一見安全に見えるもの。これはドイツのDUAというインテリアデザインの会社のものです。ふたが壁に取り付けられたボードになっていてビン自体を台の上に置く必要がありません。物を収納か、固定してしまうことが安全につながるというアイディアがこのような形でも見ることができます。

ダイニング

ダイニングに大きな机を置いている家庭は多いと思います。この机の安全性も少し考えてみましょう。子供の目線では机は視界にはいらなくなってしまう時もあり机の角が鋭利だと万が一ぶつけたら大変です。そこでダイニングに置く机は角が丸い物を用意しましょう。このやわらかな曲線美が美しいこの机と椅子は京都の村松英和デザインのものです。この椅子も脚の部分が丸くなっており、総合的にみてもダイニングにおすすめの形です。

お風呂場

お風呂場を考えた時にバスタブの形や性能などに目が行きがちですが、お風呂場の危険になりうるものとして、水に濡れて床が滑りやすいことがあります。子供が一人でお風呂に入るようになったときに予期せぬ行動ですべってしまわないためにも、お風呂場の床は滑りにくい素材を使用しましょう。モダンなデザインが美しいこのお風呂場の床の素材は十和田石というものです。濡れても滑りにくくまた色が美しいことでも有名です。一瞬ではわかりませんがこのような一工夫でぐっと安全性が向上します。

リビング

K's HOUSE: dwarfが手掛けたリビングです。
dwarf

K's HOUSE

dwarf

親と子が家の中で最も共に時間を過ごすのがこの部屋ではないでしょうか。リビングは家庭内の共有の部屋ということもあり、色々なものが集まってくると思います。お茶のカップ、パソコン、テレビまたは観葉植物などがランダムに置かれるのがこの部屋。この写真の新潟県のDWARFが手がけたリビングです。台の高さがとても低くなっていますね。この高さであれば子供が不慮の物の落下に巻き込まれる心配がありません。また布地で覆われた柔らかい雰囲気を出しているこのソファの脚も、ソフトな丸みで家具の角での怪我予防につながっています。

子供に安全な家の仕上げとして庭にも目を向けてみましょう。どのような庭が子供にとって安全でしょうか、子供たちには外でのびのびと遊んでもらいたいもの、ここでおすすめするのが芝生です。芝生は実は子供にとてもフレンドリーなのです。芝生の上で寝転んで昼寝、なんてことをしたことある人も多いと思います。その通りまるで自然の絨毯のような芝生にはクッション性があり、不意にあるとがった枝先や石などの心配がありません。庭づくりに迷った時はぜひ芝生の庭を計画してみましょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!