スケルトンリフォームとは?その特徴と是非知っておきたい5つのこと | homify

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

スケルトンリフォームとは?その特徴と是非知っておきたい5つのこと

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Re:Toyosaki オリジナルデザインの リビング の coil松村一輝建設計事務所 オリジナル
Loading admin actions …

スケルトンリフォームという言葉を聞いたことがあるでしょうか?近年、新築の一戸建てやマンションを購入するのではなく、既存の一戸建てやマンションを安く購入して、それを自由にリフォームするという方も増えています。そこで今回は、そのリフォーム方法の1つであるスケルトンリフォームについて、その特徴やメリットなどを紹介していきたいと思います。

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは、既存の建物を骨組みまで一度解体し、土台や柱・梁などの構造体だけとなった状態から新しく家づくりをしていくリフォームのことを言います。スケルトンとは、「骨組み・骨格」などを意味し、それ以外にも「全面リフォーム」や「フルリフォーム」といった言い方もされることがあります。耐震性に不安がある物件でも、構造体が丸裸となることから耐震補強も行いやすく、さらに断熱性能も改善すれば、安心で快適な住まいにすることもできます。

写真:スタイル工房_stylekoubou

幅が広がる物件選び

外観 アフター の atelier m

古い建物でも耐震補強をしながら安心で快適な住まいにリフォームできることから、スケルトンリフォームは物件選びの面で非常に選択肢の幅が広がります。特に、立地の良い場所でも「再建築不可能土地」となっているため建て替えが不可能となっている物件であったり、建て替えてしまうとセットバックする必要があることから床面積が小さくなってしまうような物件でも、全面リフォームすることで新築のような住まいを手に入れることもできます。

自由な間取り変更が可能

二間続きの和室を 開放的なリビングへ オリジナルデザインの リビング の homify オリジナル

一度、骨組みだけになるまで解体することから、間取り変更も希望通りのかたちにしやすくなります。特に、古い建物の間取りは、リビングとダイニング、さらにはキッチンが別々に細かく間仕切り壁で分けられていることがほとんどですが、そうした間取りでも間仕切りを取り払って広々とした開放的な間取りにすることが可能となります。ただし、マンションの場合、水回りの間取り変更で制約があることから、大きく変えられない部分がでてきます。

部材の再利用

既存の建物を構造体だけになるまで解体することから、スケルトンリフォームではその解体で出る部材を再利用することもできます。また、それによりコストの削減、あるいは昔の暮らしの雰囲気を新しい生活にも留めることができます。こちらのCOIL松村一輝建設計事務所が手掛けた住まいでは、古い長屋を解体した時にとっておいた建具や床板などを、階段周りの手すりや棚の一部として再利用しています。

写真:増田 好郎(ますだ よしろう)

スケルトンリフォームの方法も様々

スケルトンリフォームにも方法は様々なものがありますが、大きく2つに分けられます。1つは、室内の壁や床だけを解体し、外壁は既存のものを残す方法と、もう1つは、その外壁も解体して新しくする方法です。せっかくフルリフォームをするなら外壁まですべて新しくしたい方もいらっしゃいますが、その分コストもかかることから、どこにこだわっていくか、新しい住まいでどのようなライフスタイルをしていくかよく考えながらリフォームの仕方も選んでいきましょう。

コストはケースバイケース

スケルトンリフォームといっても方法は色々あることから、かかるコストもそれ次第になります。既存の間取りをほぼそのままに、設備などを取り替える全面リフォームであれば、比較的コストを安く抑えることができますし、外壁まで解体してほぼ新築のようなかたちでリフォームすれば、リフォーム費用も新築のようにかかることもあります。改築におけるコスト削減については、「素材のグレードを落とさずリノベーションのコストを抑える方法」も参考にしてみて下さい。

新築以外の住まいづくりも是非考えてみて下さい!コメントをお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!