Kofunaki House: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けた廊下 & 玄関です。

空間に余裕が感じられる開放的な玄関の家5軒!

Y.F Y.F
Loading admin actions …

家族が外出する時に最後に出て行き、外からは最初に入る空間、そしてゲストを招き入れる場所でもある玄関。明るくて開放的な雰囲気が広がる空間であれば、毎日を清々しい気持ちでスタートできそうですよね。また、訪れた人もその家や住む人に対して爽やかで気持ちの良い印象を持たれることでしょう。今回は開放的な雰囲気にこだわった玄関を持つ家を5軒ご紹介します。

お庭のような空間が広がる土間玄関の家

ALTS DESIGN OFFICEが手がけたのは、環境をテーマに開発が行われた「小舟木エコ村」という土地に建てられた、自然と共に生きるということをコンセプトの住宅です。室内外が緩やかに繋げ、常に森を感じることのできる空間の中で毎日自然を感じながら暮らすことができます。吹き抜けで明るく広々とした玄関は土間の造りになっており、グリーンときれいな白い砂利の演出によりまるでお庭のような空間が広がっています。こちらの住宅は「自然が気持ちいい、森を感じる住まい「Kofunaki-House」」で詳しく紹介されています。

ポーチから内部へ広がる開放的なエントランスの家

水石浩太建築設計室が手がけたのは、住宅密集地の5.58m角の正方形平面に建てられた半地下を含む3層構成の小さな住宅です。玄関は半階上がったポーチからコンクリートの土間スタイルです。引き戸を全開にすることで玄関と内部に一体感が生まれさらに開放的な空間が広がります。こちらの住宅は「時間と空間の境界が交差する家」で詳しく紹介されています。

コミュニケーションの場!土間玄関のある家

土間リビングの家: FCDが手掛けた廊下 & 玄関です。
FCD

土間リビングの家

FCD
FCD
FCD

FCDが手がけたのは若いご夫婦と二人の子供たちのために建てられた住宅です。 LDKとひと繋がりになった広い土間の玄関は、縁側のように屋内と屋外の境界を曖昧にし、半屋外のリビングを感じさせる役割を果たしています。そしてこの土間玄関の存在により、四季の移ろいや人を積極的に招き入れるコミュニケーションの場所が実現しています。こちらの住宅は「繋がりと広がりを持つ家「土間リビングの家」」で詳しく紹介されています。

自然環境を生かした趣味の車も楽しめる家

向山建築設計事務所が手がけたのは、北側に森が広がり敷地西側には大きな桜が植わっている土地に建てられ、豊かな自然環境を生かしたプランが実現した1600万円台のローコスト住宅です。大きな開口が気持ちの良い玄関ホールはガレージと兼用スペースになっており、趣味の車も存分に楽しむことができます。こちらの住宅は「1600万円台!豊かな自然を満喫する車好きのためのローコスト住宅」で詳しく紹介されています。

家族を出迎えることができるアトリエと繋がった玄関のある家

原 空間工作所が手がけたのは、工芸商品用のアトリエを併設した、夫婦と子供(娘さん二人)が住む住宅です。住宅用の玄関は奥へとつながるアトリエの事務部分と隣り合わせることで、例え作業をしていたとしても常に家族の帰りを出迎えることができます。こちらの住宅は「バルコニーが気持ちいい!アトリエのある家族の住まい」で詳しく紹介されています。

開放的な玄関は気分がリフレッシュされますね。ぜひコメントをお寄せください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!