FOLD: 充総合計画 一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

コートハウス型二世帯住宅の家「FOLD」

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

二世帯住宅のタイプにも様々なスタイルがあります。完全分離型、一部共用型や同居型など、各家族にとって程よい距離感や一体感は長い目でみて親世帯、子世帯お互いに過ごしやすい空間が一番です。本住宅の二世帯スタイルは耐震性能に制震工法を付加した構造をもつ高断熱仕様の完全分離型の二世帯住宅です。限られた敷地の中で親世帯、子世帯に見合った回遊性のある動線、床レベルや天井高の変化は実に有効的に計画されています。充総合計画一級建築士事務所によって、良好な景観を望めない敷地でありながらも、光や風を充分に得られる工夫がなされました。

幾何学的な住宅ファサード

外壁はコンクリート仕上げと、幾何学的に角度の違う傾斜壁が印象的な住宅ファサードです。個性的な風貌でありながら、街並みに配慮して高さを抑え、近隣との違和感を緩和しています。新しいながらも一体化をしていくファサードは、住まう人や近隣の住民からも建物への愛着を湧かせます。

光が注ぐ中庭とリビング

明るい木構造が映える中庭に面したリビングスペース。コートハウス形式により外部からのプライバシーを確保しながら、構造に合わせて有効的に設けられた開口は充分な採光を確保しています。中庭の一角に取られた下階へのトップライト。住宅全体に採光をもたらしてくれます。

コミュニケーションの広がるキッチン

リビング・ダイニングの大空間には家族とのコミュニケーションが簡単にできるスタイリッシュでシャープな対面式のキッチン。北側には排気の可能なトップライトが設けられてます。全体的に明るい木目の美しい空間は大開口からの光で明るく気持ちの良い空間です。

落ち着きある和室

子世帯の空間にある階段中二階の和室出入り口。細く無駄のない階段手すりに、縁のない畳と太鼓張りの襖はスッキリとしていて落ち着いた雰囲気のある空間です。階段室の明るさから間接的に届く採光は控えめな空間をそっと演出してくれそうです。

趣味を楽しむ屋根裏空間

屋根は次世代基準の高断熱仕様であることから、屋根裏は快適で明るく、趣味の読書スペースとして設けることができました。大きな吹き抜けを横目に開放的な空間は家族の存在を感じながらもプライベートでゆったりと過ごせる空間です。どの室に居ても気持ちの良い木の温もりを感じ取れる温かい雰囲気の住宅です。

モダンな2世帯住宅について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!