大屋根の家: 株式会社 アポロ計画 リノベエステイト事業部が手掛けたリビングです。

大規模なマンションリノベーション「大屋根の家」

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

マンションリノベーションの期待できる効果は、戸建住宅に肩を並べる程に年々進化しているように感じます。また進化に伴ってマンションリノベーションにしかなせない効果も見られます。木造戸建てリノベーションと比較した際、マンション構造の鉄骨鉄筋コンクリートなどによる強度の違いから開放感ある大空間を造る事が出来ます。今回のお施主さんは夫婦二人のご家族で福岡市内に3LDKのマンション一階にお住まいでした。株式会社アポロ計画リノベエステイト事業部による家づくりに関する大きなサポートの元、マンションとは思えない将来を見越せる戸建のような雰囲気を出すべく、大規模なマンションリノベーションが施されました。

窓から庭を眺める土間ライブラリースペース

以前はリビング・ダイニングだった室に土間を用いたライラリースペース。外には植栽と庭を望む二間ほどの開口はマンションに住んでいるという感覚を忘れてしまいそうです。機能的な壁面棚は大容量で雰囲気は例えるなら図書館そのものです。カフェにありそうなカウンター式の机はコーヒーを片手に、読書に夢中になってしまいそうですね。

大空間、大屋根の家

リビング・ダイニングに土間ライラリースペース、キッチンをを含む大空間。これこそマンション構造の利点が活きた大空間です。目線は全て開口部方向へと誘導されており、どの位置に座っても植栽を眺める事が出来ます。勾配天井によって室全体の雰囲気は無いはずの屋根勾配のように錯覚し、戸建に住まう感覚を演出しています。天井勾配上部の間接照明はまるで自然採光のトップライトのようです。

無垢材のアイランドキッチン                                                                       

節の無いキレイな無垢材で仕上げられた、アイランド型キッチンスペースです。床、建具、据え付け家具と調和のとれた仕上げは、無垢材の持つ風合いや香りを存分に楽しむことが出来ます。さらに無垢材は人間環境にも優しく、調湿効果に優れるため常に快適で健康に過ごすことが出来ます。

ソラリウムのような多目的ルーム

本来ならば上層階、テラスなどに設けてたっぷり太陽光の浴びれる室をソラリウムと呼びますが、こちらも例外ではありません。土間続きから連続して接続する室は大開口の窓を開放すれば靴のまま外へ出る事が可能です。ふんだんに採光を取り込める室は多目的室として使用していますが、将来的には子供室として利用可能になります。

黒板と無垢材の融合

上品な木格子の建具と連続して並ぶ、黒板塗料で仕上げられた間仕切り壁。小粋な演出によってどこか懐かしい雰囲気を醸し出しています。経過年数と共に変化する木材の質感と融合し、今後さらに深い味わいを放ってくれるはずです。黒板はもちろん、夫婦のメッセージのやり取りや小さい子供には大きなキャンバスとして楽しむことも出来そうですね。

【リノベーションについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ リノベーションのメリット・デメリットを実例とともに完全解説!  

※ マンションリノベーションのメリット・デメリットとは?実例と合わせてまとめ解説! 

▶homifyで建築家を募集してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

リノベーションについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!