homify360°: 美しい景色を取り込む「回遊テラスの家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家は様々な場所に建てられます。その多くは一般的な住宅地に建てられるかもしれません。ですが中には恵まれた周辺環境のところに建てられることもあります。もちろん周りの環境を活かすことができれば、そこでの生活は素晴らしいものになるでしょう。今回紹介したいのは、株式会社横山浩介建築設計事務所が手がけた家。建てられた「回遊テラスの家」では、周りの景色を取り込む空間を生み出しています。

森の高台に建つ家

今回家が建てられたのは神奈川県の鎌倉市。敷地があるのは森の高台です。そこには視界を遮るものがないため、街を見渡すことができ、それだけでなく遠くに広がる海を眺めることができます。このような魅力的な環境を家に活かさない手はありません。そこで考えられたのは周りに広がる美しい景色を取り込むことでした。

シンプルでナチュラルな家の外観

家は木造2階建てになっています。1階はモルタル塗りの壁。一方2階はカラマツの板で覆われおり、白と茶色のツートンカラーになっています。そんな外観が感じさせるのはシンプルさやナチュラルさ。建物が現代的なものであっても周囲の風景を乱すことはありません。このような外観からは周辺環境との調和を考えた建物であることがわかるでしょう。

テラスが生み出す森との繋がり

外壁同様、家の中にも多くの木材が使われています。床や天井の大部分は木で作られているため、木に包まれているような感覚を感じることができるでしょう。2階部分にあるのは家を囲むように設けられたテラス。その床には木が使われているため木の存在感を強く感じさせてくれます。またテラスでは周りに広がる森を眺められるだけでなく、近くに迫る森との繋がりを感じさせてくれるでしょう。

明るく眺望を楽しめる空間

このような家で大きな特徴となるのは空間。構造上必要となる壁以外はガラス張りになっています。そのため2階部分はガラス窓に覆われた空間になっています。テラスと家の境界になるのもガラス窓。そのためテラスがまるで部屋の一部のように見えるでしょう。このようなガラス張りの空間が可能にするのは、明るさと美しい眺望。外から注ぎ込む暖かな光を楽しみながら、周りに広がる美しい景色を楽しむことができるのです。

周辺環境を活かした家

本住宅は森の高台に建ち、周辺環境に恵まれています。そんな環境を取り込むために考えられたのは、テラスやガラス窓を取り付けることでした。テラスを使えば、気軽に屋外に出られ、周りに広がる森との繋がりを感じることができます。そしてガラス張りのような空間は、周りに広がる美しい景色を楽しむことができるのです。このような家では森の中で周辺環境との繋がりを感じながら、心地良い暮らしを送ることができるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!