見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

今週のベスト5アイデアブック (5月24日)

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい!

1位、フレキシブルに間取りを変える「南砺市の家」

家はそこに住む人が生活を行う場所です。そのため家族が一緒に過ごす場所になります。でも一緒に過ごすのは家族だけではありません。短い時間ですが、友人や親せきも訪れることになります。そのため家の中に人が集まる場所があれば、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。そこで紹介したいのは多くの人が集まれる家。家山真建築研究室が手がけた「南砺市の家」ではフレキシブルに使える空間が生み出されています。

2位、3世帯が集まって住む家「桜台の家」

親世帯と子世帯が一緒に住む2世帯住宅は良く耳にするでしょう。でも3世帯住宅というのは、あまり耳にしない言葉かもしれません。それは文字通り3つの世帯が集まる家のことです。今回3世帯住宅を建てたのは鈴木淳史建築設計事務所。建てられた「桜台の家」では、3つの世帯が心地良く、そして変化に対応しながら住める空間が生み出されています。

3位、ゆったりとした生活を送れる家「大井の平屋」

大井の平屋: 環境創作室杉が手掛けた家です。
環境創作室杉

大井の平屋

環境創作室杉

家で求められるのは、どのような空間でしょうか。安らぎが感じられる場所だと考える人が多いかもしれません。もし家で落ち着くことがでなければ、仕事や学校での疲れが蓄積してしまい、生活が成り立たなくなってしまいます。そこで紹介したいのは落ち着いた生活を送れる家です。それを手がけたのは環境創作室杉。建てられた家「大井の平屋」では、ゆったりとした生活を送れるようになっています。

4位、時代が混ざりあう「築39年の我が家に後30年快適に住まう!」 

築39年の我が家に後30年快適に住まう!(リフォーム): (株)ハウスインフォが手掛けた家です。
(株)ハウスインフォ

築39年の我が家に後30年快適に住まう!(リフォーム)

(株)ハウスインフォ

今回の住宅は姫路市山田町にある築39年の二世帯住宅のリフォーム。家族二世帯が快適に住めるように計画された間取りは、キッチンや居間を共有し、コミュニケーションを大切にした住まいになっています。さらに、別々の空間を持つよりも家族が暮らしを共有する場が増すことで、消費エネルギーが抑えられ、 結果として光熱費の削減につながります。施工を手掛けた株式会社ハウスインフォがこだわる「家族のしあわせ」が形になった二世帯住宅の好事例ではないでしょうか。

5位、中間色で作るリラックスリビングルーム

グレーやベージュ、ライトブラウンといった中間色は人を落ち着かせ調和を感じさせる色です。今回はそんな中間色を効果的に使用したリビングルームを紹介します。スタイルを持ちつつ誰もがリラックスできるリビングルームを作ってみましょう。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!