見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

homify360°: 開放感が得られ、風景を楽しめる 「庭と暮らす家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家に庭があれば、生活に大きな影響を与えることでしょう。そこでは暖かな太陽の光を浴びたり、外の心地良い風にあたることができます。そんな庭を家の空間に上手く活用することができれば、そこでの生活はより良いものになるでしょう。そこで紹介したいのは建築事務所INADE ARCHITECTSが手がけた家。建てられた「庭と暮らす家」では庭との繋がりが感じられる空間が生み出されています。

庭を楽しめる家

庭と暮らす家: INADE architectsが手掛けた家です。
INADE architects

庭と暮らす家

INADE architects

今回家の設計を依頼したクライアントは、建てられる家に対して希望を持っていました。それは庭の中にただずむ風景が楽しめる家、そして自然や庭を楽しめる家など。そんな庭のある家を建てるために敷地を少しずつ買い足して、現在の敷地を用意したそうです。そのようなクライアントの要望に応えて、建築家は庭を楽しめるような特別な家を建てることにしたのです。

庭づくりを考えた軒下空間

庭と暮らす家: INADE architectsが手掛けた家です。
INADE architects

庭と暮らす家

INADE architects

本住宅は大きな庭の横に建てられました。芝生で覆われた庭にレンガの敷石が設けられて家へのアプローチとなっています。その先にあるのは鮮やかなえんじ色の外壁で覆われた建物。それは2棟の大きさの異なる建物が連なったもので、片側が高く反対側が低い片流れの屋根が大きな特徴となっています。そんな家の玄関にあるのは大きな軒下空間。それは屋外であっても雨をしのげる場所のため、庭づくりの拠点として使うことができるでしょう。

スキップフロアが生み出す広がり

庭と暮らす家: INADE architectsが手掛けた家です。
INADE architects

庭と暮らす家

INADE architects

建物内には気持ちの良い空間が広がっています。ここでは利用されているのはスキップフロアと呼ばれる空間構成。それは空間を階ではなく階段状に積まれた層で構成しています。階で家を構成すると、各階は天井や床で隔てられてしまい、広がりを感じることはできません。ですがスキップフロアを使うと、階段状に空間が連なるので家の中に広がりが生まれるのです。そのため、ここでは高い天井や広がりのある空間で圧倒的な開放感を得られるでしょう。

庭の風景を楽しめる空間

庭と暮らす家: INADE architectsが手掛けた家です。
INADE architects

庭と暮らす家

INADE architects

こうしたスキップフロアの役割は開放感を感じさせるだけではありません。壁や天井などの空間を仕切るものが少ないため、家の中を見渡すことができます。もちろん家の中だけでなく外に広がる庭も見ることができます。それが感じさせるのは庭の身近さ。家にいながらも庭の風景を楽しみ、その存在をいつも身近に感じることができるのです。

開放感が得られ、風景を楽しめる家

庭と暮らす家: INADE architectsが手掛けた家です。
INADE architects

庭と暮らす家

INADE architects

今回建てられた家ではスキップフロアによって家の中に広がりや繋がりが生み出されています。それは家の中だけでなく、外にある庭との繋がりを生み出しています。このような家では開放感を感じながら、庭のある生活を存分に楽しむことができるでしょう。

庭のある家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!