小笹の家: 森裕建築設計事務所 / Mori Architect Officeが手掛けた家です。

静寂が広がるタイムレスな住まい

JUTO JUTO
Loading admin actions …

打ち放しコンクリートの住宅はもはや定番となり、マテリアルの特徴である安定感とスタイリッシュな佇まいから憧れる人も多いのではないでしょうか。ご紹介するのは森裕建築設計事務所の手がけたミニマルなデザインが目を引く打ち放しコンクリート造の住宅です。日の光の表情や陰影によって空間の美しさを引き出した高級感溢れる住まいが生まれました。

打ち放しコンクリートが醸し出す安定感のある佇まい

昔ながらの古風な住宅や手入れの行き届いた庭が点在する都市部の住宅地の なだらかな坂道の途中にある敷地に建てられたモダンな外観の住宅です。外構部分も打ち放しコンクリートの建物と統一し、詳細まで綺麗に仕上がっています。屋根付きの駐車スペースの他にオープンなスペースも広く確保し、余裕のある佇まいが高級感を醸し出しています。道路側はプライバシーに配慮し、キューブ型のボリュームにスリット状の開口のみを設置。

深い軒のある玄関ポーチ

階段を数段上がって門扉を抜け、さらに進むと深い庇の架かった玄関ポーチへと続きます。コンクリートは型枠や仕上げの仕方によって様々な質感を出せ、無機質な素材でも柔らかな表情を出すこともできるんです。またナチュラルな木とも相性が良く、組み合わせると温かみのある雰囲気が生まれます。周囲は恵まれた緑の風景が広がり、モダンな佇まいがさらに映えますね。

無駄を削ぎ落としたデザインによる洗練された玄関

玄関ドアの両サイドには明かり取りのガラス板を設置し明るく抜け感のある玄関廻りを演出。抑えめな色彩が洗練された雰囲気を出し、タイムレスな空間を作り出しています。ポーチと同材のコンクリートの三和土より続いてライトグレーのタイル張りの床が室内に広がります。左手は2階に続く階段、右手には引き戸で仕切れるリビングエリアを配置。

豊かな空間の作り方

こちらは片流れ屋根の勾配がそのまま現れたダイナミックな天井が印象的な平屋部分に配置されたリビング。内壁も打ち放しのままで仕上げているので、クリアガラスで仕切られた外部空間と一体感をもたらしています。正面には壁付けの造作による棚が設置され、軽やかさを強調。棚に合わせて設けられた小窓が外の緑を切取り、室内に借景として取り入れています。ちょっとしたアイデアによって想像以上の豊かな空間が生まれるんですね。皆さんも是非参考にしてみてはいかがでしょう?

ハイサイドライトを取り入れてみる

違う角度から見てましょう。LDKが一体化した間取りですが、キッチン部分には壁を設け、大きく切り取った開口には対面式のキッチンが融合。上部に配置したハイサイドライトは空の風景を切取り、気持ちの良い眺めを提供すると柔らかな光を内部空間に届けてくれます。日の移ろいによって様々な陰影が室内を彩り、コンクリートの表情を浮き上がらせ、自然を感じながら暮らす住まいになっています。

庭と一体化する生活空間

キッチンはそのまま延長され、ダイニングテーブルと一体化した優れた動線を採用。LDKの大らかな空間は開口を全開すると外部の庭空間へとフラットに繋がります。水を張った庭が静寂な雰囲気を演出。控えめなマテリアルと色彩で実現するミニマルかつ豊かな住空間、素敵ですよね。

広がりを感じさせる浴室

こちらは水廻り空間です。洗面室と浴室の間もクリアガラスで仕切っているので一体感が強調され、広がりをもたらしています。クールになりがちな素材に温もりを感じさせる木枠のナチュラルなドアを組み合わせるのもポイントですね。トップライトを設置しているので大変明るく気持ちの良い空間に仕上がっています。

造形とマテリアルが奏でる美しい住まい

ディテールの美しい屋根の造形、コンクリートの醸し出す潔い直線の壁やスラブ、そしてそのギャップを埋めるかのように配置したクリアなガラスが奏でる空間を幻想と静寂で引き立たせる水盤。贅沢な時間が流れるタイムレスな住まいです。

憧れの打ち放しコンクリートの住宅、いかがでしたか?皆さんの意見も聞かせてくださいね。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!