見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

プライバシーを守り、心地良さを生み出す「一宮の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家を建てるとなると様々なことを考えなくてはいけません。特に周辺環境は大きな問題になるでしょう。もし多くの人が行き交う場所にあれば、家の中を外から見えないようにする必要があります。ただしプライバシーを守ると窓の少ない閉じた空間になってしまいます。そこで紹介したいのは、プライバシーを守り、開放感の得られる家。それを手がけたのはヨコイツトム建築設計事務所。建てられた「一宮の家」では外からの視線を遮れる居心地の良い空間が生み出されています。

人通りの多い場所に建つ家

本住宅は愛知県の一宮市に建てられました。その敷地で問題となったのは月極駐車場が近くにあること。多くの人が時間に関係なく駐車場に出入りします。そのため多くの人に家の中を見られてしまう可能性があります。そこで必要となるのは外からの視線を遮ること。ただしそれだけでは心地良い家は生まれません。そこでプライバシーを守り、快適な生活が送れる家が考えられました。

印象的な建物の外観

建物の外観は少し特別なものになっています。家を覆う外壁に見えるのは玄関となる空間。玄関の横には白い壁が見えます。その壁にあるのは多くの小さな穴。それは大きくないため壁の向こう側にあるものが僅かにしか見えません。それ以外に家の中の様子を見せる窓など無く、プライバシーを守る家であることがわかるでしょう。

明るさと開放感を生み出す中庭

白い穴あきの壁の向こう側にあるのは小さな中庭。それを囲むように家が建てられてます。中庭に面しているのは和室とリビング・ダイニング・キッチン。そこには中庭を部屋の一部のように取り込む大きな窓があります。そのため家の中で感じられるのは明るさや開放感。外から見ると窓が無いため、外に閉じた家に見えますが、中庭によって開放感を生み出しているのです。

外と中を繋げる穴あきブロックの壁

このような家で大きな特徴となるのは玄関の横に取り付けられた穴あきブロックの壁。それは外からの視線を遮るためのものですが、外と中を完全に隔ててしまう訳ではありません。ブロックに開けられた穴は光や風を通すことができます。中庭側の窓を開けると、家の中に吹き込むのはブロックの壁を通り抜ける外の風。夜に家の前を通れば、家の中の明かりがブロックの穴から洩れてきます。このように家の中と外とは緩やかに繋がれているのです。

プライバシーを守り、心地良さを生み出す家

プライバシーを守る家で問題となるのは、屋内と屋外が隔てられることで生まれる圧迫感。そのためプライバシーを守ることと快適さの両立は簡単ではありません。ですが本住宅では外と中と緩やかに繋ぐ穴あきの壁がプライバシーを守ってくれます。そして中庭が明るさや広がりを生み出し開放感を感じさせるのです。このような家では外からの視線を気にすることなく、心地良い生活を送ることができるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!