見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

湿気にさよなら!ドライバスの利点とその魅力

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

ドライバスとは、床を濡らさず乾燥を維持しながらバスルームを使用する方法で、西洋のバスルームインテリア方式です。ドライバスの最大の違いはなんといっても床。 水をいくらかけても大丈夫な、溝がへこんでいるタイル張りの床とは異なり、足に快適な木の床がドライバスでよく使われています。水を自由にまくことができないという状況に息苦しく思うかもしれませんが、それに劣らない利点も多くあります。

例えば洗面台やバスルームの家具の幅が限りなく広がります。 家具が水によって腐る心配がないからです。 また、他の部屋へとダイレクトに続くレイアウトが可能。 カーペットを敷き詰めれば、入浴後の足をふんわりと迎えてくれます。床が漏れないよう排水システムを底全体に作り、独立した浴槽を任意の場所に置くことができます。

このようにたくさんあるドライバスの利点やその魅力を今回はお届けします!

木の床

von Mann Architektur GmbHが手掛けた浴室
von Mann Architektur GmbH

Badezimmer im Dachgeschoss

von Mann Architektur GmbH

木の床はドライバスの大きな利点の一つ。 リビングルームと段差なく続くこちらのバスルームは、バスルーム特有のカプセルのような閉鎖感をなくし、より居心地の良い雰囲気のバスルームとなっています。 窓のある屋根屋根裏の構造をうまく利用して、湿気をすぐに抜くことができる構成としました。

 一般の棚と大きな差のない白い棚を作り付けで設置して、十分な収納を可能に。他の部屋のインテリアと同じトーンと材質で構成されているバスルームの床は温かみがあり、装飾やテキスタイルを追加しなくても、温かい雰囲気が漂うバスルームを作っています。 広く作られた浴槽の外郭や、深い洗面ボウルが水があちこちへ飛び散るのを防いでいます。デザインはスイスのVon Mann Architekturです。

​カーペット

ARKITURA GmbHが手掛けた浴室
ARKITURA GmbH

Wellnessoase

ARKITURA GmbH

カーペットは通常のバスルームでは想像しにくい素材です。しかしドライバスならそれを使うことができます。 裸足の足を温めてくれるカーペットはより身体を弛緩させ、バスルームを利用する楽しさと快適さを加えてくれます。

また、ベージュトーンのシンプルなバスルームにビビッドなカーペットを敷くことで、他の居住空間にも劣らないインテリアとなります。 冷たい石の床にもスリッパ無しで立つことができるのは、新たな快適ポイントですよね。

カーペットは洗濯機で洗えるので木の床よりも簡単に掃除できますし、 排水システムをよく考慮した上で挑戦してみて下さい!

洗面台のデザイン

通常のバスルームでは、床や壁に水がかかってもいいように陶器や石材で作られた家具に限られてしまいます。 しかし、ドライバスなら家具の選択肢が一気に増えます。他の空間の収納と同様、木材の壁や棚、木枠の鏡も使用できますし、電気を必要とする様々な家電製品もリスクを減らしバスルームに設置することができます。するとバスルームの一部を化粧台やアクセサリーの収納スペースとして利用することができるようになり、また、湿気を感じない通気性の良い部屋で快適に長時間過ごすことができます。

オープンなレイアウト

스마트건축사사무소が手掛けた浴室
스마트건축사사무소

Lotus Haus (로터스하우스)

스마트건축사사무소

ドライバスのレイアウトは通常のバスルームとは異なる場合があります。 なぜなら可能性の幅が増えたからです。 階段の脇に設置されたオープンな洗面台スペースは、まるで廊下の一部のように見えます。これはバスルームをより多くの動線で利用できるだけでなく、より開放感を得ることもできます。他の空間との遮断が必要な通常のバスルームをサウナ空間とすれば、ドライバスは他の室内空間と大きな差がない、すっきりと居心地の良い開放的な空間と言えます。

排水と換気システム

dcreteが手掛けた洗面所&風呂&トイレ

ドライバスの基本的な条件で最も重要なのは、排水と換気システムです。この要素を確保していなければ、乾燥を維持するのは不可能です。 水が床に流入しないことも重要ですが、例え流入しても水がすぐに抜ければ乾燥を維持できます。水を使用する空間は床の角度を微調整して、水が素早く完全に排水される構造を作ります。 排水できる面積を家具の中や近くに広げることにより、いくつかのスペースを除いて、徹底的に乾燥した表面を維持することができる排水方式を専門家と一緒に研究してみて下さい。

独立した浴槽

独立した浴槽はロマンチックかつ、緊張を解いたリラクゼーションの象徴と言えます。 独立した浴槽はドライバスと切り離せないもの。 浴槽の中では水の中の快適さを享受しつつ、その外では水とは離れた日常生活がすぐに可能である点が独立した浴槽の利点であり、個性です。 窓際に置かれた独立した浴槽は、木材で構成されたバスルームと材質面でも性格面でも大きな対照を成し、エレガントでありながら高級感のあるバスルームの雰囲気を作り、快適なプライベートスパのようです。

休憩スペース

guedes cruz arquitectosが手掛けた浴室
guedes cruz arquitectos

Casa de Banho com Vista

guedes cruz arquitectos

ドライバスには休憩スペースを作ることも可能。ドライバスの魅力のひとつが、バスルームの中の時間がゆっくり流れていくというもの。 濡れないという前提はバスルームにより多くの可能性と時間を提供します。広々としたバスルームを作ることができるスペースがあれば、眺望を楽しめるバスルームを作り、読書をしたり個人的な時間を過ごすことができる複合的な休息空間となります。家族と一緒に暮らしていても基本的に一人で利用するバスルームでは、リビングルームとは異なるリラクゼーションを提供します。絵画や彫刻を設置して居心地の良い雰囲気を盛り上げることもできますよ。

利点がいっぱい、見た目にもおしゃれなドライバスに挑戦してみたくなりませんか?感想もぜひ教えて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!