プライバシーを守る広々としたモダンハウス

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

多くの人がマイホームを建てるのは、家が軒を連ねる住宅地でしょう。そこは道路が整備されているなど様々な生活の基盤が整っているため、家を建てるには最適な場所。ですが、そこでの生活は良い点ばかりではありません。住宅地では隣家が迫り、プライバシーを守りにくなってしまいます。そんな問題に応えたのは一級建築士事務所HAUSが手がけた家。それは外からは見られないプライベートな空間を生み出して、快適な生活を送れるようにしています。

シンプルで個性的な外観

今回家が建てられたのは京都の住宅地の一角。そこには木造2階建ての家が建てられました。家の外壁は白色にまとめられており、シンプルなものとなっています。ですが家は単調な建物となっているわけではありません。建物の特徴となるのは大きな三角形の屋根、そして屋根の下に作られた大きな凹みの空間。そこはベランダとして使われています。そんな空間は屋根の形に合わせて作られているため、よりいっそう特徴的な三角屋根の形を強調します。そしてシンプルにまとめられた建物に個性を生み出しているのです。

木をふんだんに使った暖かな空間

家の中に広がるのは印象的な空間です。1階にはリビング、ダイニング、キッチンが集まるLDKがあり、そこは暖かな茶色で覆われています。それを演出するのは床や家具などに使われている木材。自然素材が持つ暖かみを感じさせて、心地良い雰囲気を生み出しています。何より印象的なのは木をふんだんに使った天井の一部。そこは他よりも高い空間になっており、天井部分は丸みを帯びた形になっています。そんな天井には濃い茶色の木材が使われており、ナチュラルな印象を生み出しているのです。

広々としたLDK

このような木の暖かみを感じられる空間ですが、広々とした印象を感じさせてくれるでしょう。LDKは和室に隣り合っています。ですが2つの空間は隔てられておらず、一体化しているように感じられるでしょう。ですが和室部分は他よりも一段高くなっており、そこに畳があるため、完全に一体化することなく和室の役割をしっかりと果たしてくれるのです。このようにLDKは和室と共に大きな1つの部屋となって、空間の広がりから開放感を感じさせてくれるでしょう。

開放感を生み出すウッドデッキ

開放感を生み出すのは家の中に広がる空間だけではありません。LDKの前に設けられているの広々としたウッドデッキ。そこは家の中と段差がなく気軽に出られる場所となっています。またウッドデッキの大部分が大きな軒の下に入るため、ここでは雨に降られて濡れることもありません。そのため窓を開放して、リビングの一部のように使うことができるでしょう。そして開放感をたっぷり楽しむことができるのです。

中庭が守るプライバシー

このような本住宅は庭が設けられて、リビング、ウッドデッキ、そして庭が連なり、1つの開放的な空間のように感じられるでしょう。ただし普通であれば、庭を通じて家の中の様子が見えてしまいます。そして、プライベートな空間を守れなくなってしまいでしょう。ですが、ここでは、そんな心配をする必要はありません。ここにある庭は壁や建物に囲まれた中庭であり、外から見られることはないのです。こうした庭はウッドデッキによってリビングと連なり、プライバシー守りながら、開放的な雰囲気を生み出すのです。このような家なら、住宅地であっても外からの視線を気にすることなく、快適に暮らすことができるでしょう。

このプライバシーを守れる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!