見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

homify360°:繋がりが生み出す多様な空間「福の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

最近では他とは違う家を見かけるようになりました。中でも人目を引くのはシンプルな外観の建物。それは無駄な要素を無くすことでシンプルさを強調して、強い個性を獲得しています。今回紹介したいのは、そんなシンプルな外観の建物。それを手がけたのは一級建築士事務所モリリエケンチク&デザイン。建てられた家「福の家」は、簡素な外観にも関わらず、多様な空間を生み出しています。

シンプルな外観

今回家が建てられたのは和歌山県の郊外の住宅地。敷地の周りには家や田畑が入り混じる風景が広がっています。そんな場所に建てられたのは夫婦2人が住むことになる家。それはシンプルな外観を持つため、住宅地の中では人目を引くでしょう。一部鉄骨となる木造平屋建ての家は、三角の屋根を持つ切妻造の建物になっています。それ以外に目を引くものはなく、建物のシンプルさが際立って見えます。

明るく暖かな空間

家の中に広がるのは暖かな雰囲気を感じさせる空間。白色の壁が使われており、明るさを感じさせます。そんな空間にアクセントを与えるのは木の床と屋根の支えとなる垂木。そのナチュラルな茶色は住まいの空間に暖かな雰囲気を生み出します。そんな空間を満たすのは暖かな太陽の光。家には自然光を取り込めるような大きな窓が取り付けられており、暖かな雰囲気を一層強く感じさせてくれるでしょう。

屋外と屋内を繋ぐ縁側

このような家で大きな特徴となるのは屋内と屋外の関係。建物正面部分のファサードには大きな窓がありますが、その傍らに縁側が設けられています。そこは家の中から気軽に出られ、外の風や光を感じられる場所となるでしょう。もちろん外から家の中に入る場所として活用できるため、外でも中でもない中間的な場所として屋外と屋内の繋げるのです。そして広がりや開放感を感じさせてくれるでしょう。

緩やかに繋がる部屋と部屋

縁側が屋外と屋内を繋げていますが、それ以外にも繋がりを生み出しています。それは部屋同士の関係。家の中に部屋が配置されていますが、それは隔てられている訳ではありません。収納可能な引き戸が部屋同士の境界となっています。そのため引き戸を収納してしまえば、家の中に生まれるのは広がりのある空間。そのため部屋をフレキシブルに使うことができ、同時に開放感も感じることができるのです。

繋がりが生み出す多様な可能性

本住宅の外観を見ると、とてもシンプルな印象を感じさせます。ですが、それは単にシンプルな訳ではありません。ここでは縁側によって屋内と屋外と繋げ、そして収納可能な戸で部屋同士を繋げています。もちろん、繋がりが生み出すのは多様な家の使い方。ここではシンプルであるにも関わらず多様な生活の可能性を作り出しているのです。

写真撮影 :nagaoka digital photographs

シンプルな外観の家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!