茶畑の家: 原 空間工作所 HARA Urban Space Factoryが手掛けたリビングです。

homify360°: 美しい環境を活かした家「茶畑の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家は様々な場所に建てられます。それは住宅地ばかりでなく自然豊かな美しい環境にも建てられます。もちろん、そこに建てられる家は住宅地に建てられるものと異なるでしょう。今回紹介したいのは原空間工作所が手がけた家です。建てられた「茶畑の家」は、周りの広がる美しい環境を活かした空間を生み出しています。

茶畑の中に建つ家

今回家が建てられたのは静岡県の掛川市。その周りには交通量の多い道路も無ければ、すぐ横に迫る隣家もありません。代わりに見えるのはのどかな風景。周辺は窪地になっていて斜面にはお茶の木が植えられています。敷地の周りにあるのは美しい自然環境。もちろん、それを活かさない手はありません。そこで周りの風景を取り込むような家が考えられました。

周辺の景観と調和を見せる家

本住宅は木造2階建てになっています。ですが建物全体ではなく一部が2階建てとなっており、建物の高さは抑えられています。そのため感じられるのは周辺の景観との調和。そんな建物で正面部分にある大きな窓は外観の特徴となっています。その前に突き出た庇や縁側があり、伝統的な日本家屋のスタイルを感じることができるでしょう。

明るく暖かな空間

建物の内部には暖かみを感じさせる空間が広がっています。それを演出するのは木で作られた床や梁、そして作り付けの家具など。ナチュラルな茶色が建物の全体に広がり、木が持つ暖かさを感じることができるます。そんな空間を一層心地良くするのが外からも見える大きな窓。窓を開ければ、家の中から外に広がる美しい景色を楽しめます。もちろん太陽の光を取り込み、家の中を明るい空間にします。このように明るく暖かな空間が広がっているのです。

土間が生み出す心地よさ

本住宅には家の中央に土間が設けられています。それは地面と同じ高さで靴のままでも上がることができる空間のこと。そんな土間の横には椅子のように使える段差があり、気軽に座って話をしたり、くつろぐことができるでしょう。土間は家の中にある屋外のような場所。それは外でも中でもない中間的な場所と言われていますが、ここでは外と中を繋ぎ心地良い空間を演出しているのです。

外と中を繋げる土間と縁側

心地良い空間を作り出す本住宅で、もう1つ忘れていけないのは窓の外に設けられた縁側。それは家の中から外に出られる場所です。同時に家の中に入らなくても気軽に家を訪れることができます。こうした縁側は土間と同じように外でも中でもない中間的な場所と言えるでしょう。こうした空間があるからこそ、外と中が隔てられることなく、繋がりや広がりを生み出すのです。

心地良さを生み出す外と中の繋がり

本住宅は美しい環境に建てられています。そんな環境を活かすのは外と内とを緩やかに繋ぐ空間。それは気軽さ、繋がり、広がりを生み出します。もちろんそれが感じさせるのは心地良さです。このように本住宅では外に広がる空間を活かすために中の空間と緩やかに繋がれて、心地良い空間が生み出されているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!