箕面森町の家: 安部秀司建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

シンプルだけど個性的がいい!光庭の家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

世の中には沢山の個性的な住まいがありますよね。まれにどんなプロセスを踏んで完成に至ったのかな?と思うような中をのぞいて見たくなる興味をそそる住まいも珍しくありません。個性を強調するなら色ですか?形ですか?素材ですか?住空間に個性を混ぜ込むのは意外と難しいことかもしれません。今回ご紹介したいのは、シンプルな色調だけれど、個性的なフォルムの住まいです。安部秀司建築設計事務所が手掛けたのは、一階部分と二階部分が全く別の建物のように別れたデザインを持った一風変った住まいでした。

インパクトのある外観

建物があるのは、青々とした山並みが空に爽快に映える開けた土地です。そんな場所に建つ個性的な外観を持った本住宅、特に二階部分が空中を浮遊する「黒い家」ような姿はシンプルなのに大きなインパクトを放っています。とっさになんと呼べばいいのか躊躇してしまいそうなフォルムは、周辺からはちょっとしたシンボルタワーのような存在かもしれません。

光の注ぐ中庭

ちょっと個性的でインパクトのあった外観をよそに、住空間の二階には光を取り込む気持ちのいい中庭が。スッキリとした黒い屋根に木デッキの中庭はモダンな空間です。四方を開口で覆われたこの中庭、外部の視線が入る余地もありません。プライバシーを確保した中庭は、ストレスなく開口を開け、中庭を含む空間で心地よく過ごすことが可能です。リビングの延長に、趣味の楽器を楽しむ場所に、多目的に使えそうです。

中庭から光を住空間へ

光が溢れる中庭を囲うように配置された各室。日中には室内灯を付けなくとも十分な採光を確保することが可能です。中庭の側で寛いでも陽の温かさを感じることの出来そうな空間。中庭を挟んでも声が届きそうなほどの空間では、中庭がより住空間にのめり込むような、そんな近さを感じる事が出来そうです。内側に開く開口によって、外側の開口を最小限に抑えることが可能となりました。

回遊する住空間

まさに回遊の「回の字」のように空間をひと回りすることのできる住空間。人が集まる場所を二階へ配置することによって中庭からの光を感じながら、家族の気配を常に感じることが可能です。開口を閉めればそこは回廊に。屋根勾配の天井に床レベルの変化する回廊が生活の中に面白みをプラス。外側壁面に沿った多目的カウンターからは近隣の景色を楽しむことができます。

夕景の中の外観

「黒い家」の二階部分と一階部分が分離されるように、間接照明が映える夕景の中の外観。昼間の印象と変わらず、シンプルで控えめだけれど強いインパクトを放つ外観は、堂々とした雰囲気すら感じます。喉かな周辺環境から特別な柵は設けていませんが、一階部分の控えめさも防犯上ではとても有利な効果が得られそう。そのインパクトは個性的さだけではなく、快適な住空間を確保した洗練されたフォルムかもしれません。

シンプルな個性ある外観を持った住まいはいかがでしたか?是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!