長閑の家: プラソ建築設計事務所が手掛けたベランダです。

3つ連なる半円の屋根がお洒落!外部と内部がゆるやかにつながる快適な住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、内部に開放感のあふれる空間が広がっているナチュラルな雰囲気の住まいです。リビングと一体化したウッドデッキやお洒落なテラスなど、個性的なデザインの建物の中には、屋外の心地よさも味わえる多様な住空間が広がっています。このプロジェクトを手掛けたのは、沖縄県を拠点に活動するプラソ建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

3つの半円屋根が連なる外観

住まいのロケーションは沖縄県。屋根が半円型となった建物が、リズムよく3つ連なった外観が個性的でお洒落な印象となっている住宅です。この西側の外観は、道路に面しているため車や人通りを考慮して、大きい開口は高い位置に設けており、屋根の形を生かして半円型となっているのも特徴的です。建物の外壁は、沖縄の澄んだ青空に似合うようなさわやかな印象のホワイト。夕暮れ時は、このように住まいからの明かりによって建物のシルエットが柔らかく照らし出され、昼間とは違った優しい表情を見せてくれています。

壁がお洒落なアプローチ

こちらは門の扉を入り玄関までのアプローチ部分の様子です。壁のモチーフが特徴的となっており、室内に入るまでの道のりを毎日楽しい気分にさせてくれます。またこのモチーフの壁によって、アプローチ空間に圧迫感や閉鎖感がなくなっているのもポイントです。この壁があることにより、玄関のドアを開けた際も中の様子が見えることがないので、プライバシーも守られますね。

開放的な室内

こちらはLDKの様子。正面奥に見えるのはキッチン、大きな開口の隣にはウッドデッキの広い中庭スペースがあります。曲線を描く天井によって空間全体の印象がとても柔らかくなっており、さらに室内が自然素材の優しい雰囲気に包まれているので、ここにいるだけでホッと気分がリラックスできそうですね。オープン型のキッチンは、住まい全体の様子を把握することが出来るので、家事をしているときも家族の気配が感じられて安心ですね。

小上がりの和室

こちらはLDKの一角に設けられた小上がりの和室。モダンなデザインでまとめられていますが、和の趣はしっかりと感じられ、落ち着いた気分で過ごせるようになっています。お客様が来た時はもちろん、普段の生活の中で畳の上でちょっとくつろぎたいと思うことも多いので、この和室は日常の色々なシーンで活躍しそうですね。

広々としたウッドデッキ

こちらはLDKの隣にある広々としたウッドデッキの中庭です。大きな開口を開け放つことでこのようにLDKと空間が一体化し、外部の視線を気にすることなく屋外の開放感を思いっきり味わうことが出来ます。毎日の生活の中で、屋外と室内とを特に意識することなく好きな時に好きな場所でくつろげるのが魅力的ですね。

風の通り抜けるテラス

こちらは2つ目の中庭空間にあたるテラスの様子です。道路に面している西側とは対照的に、こちらは前方に視界が開けており、のどかな風景を楽しむことができるようです。また窓を開け放てば、心地よい風を住まいに取り入れることが出来るので室内も快適に。先ほどのウッドデッキはリビングの延長空間に近い雰囲気でしたが、このテラスでは、例えば好きなグリーンのお手入れや、趣味を楽しむ作業スペース等に多いに利用出来そうですね。

個性的なデザインと開放感のある内部空間が魅力の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!