吹抜けを見上げたところ: 大庭建築設計事務所が手掛けた和室です。

リノベーションが生み出す古い建物の心地良さ

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

一般的な住宅は建てられてから長い年月が経つと様々な問題が出てくるでしょう。老朽化による痛み、現代にそぐわぬ古い間取りなど。古い家に多くの問題があれば、一般的には建て替えをするこになります。ですが取り壊してしまうのはもったいないかもしれません。なぜならリノベーションによって空間を甦らせることができるからです。今回紹介したいのは、リノベーションで蘇った古い住宅。大庭建築設計事務所は古い住宅を、快適な生活が送れる現代的な空間へと変えています。

築40年の古い住宅

今回リノベーションの対象となったのは築40年の古い住宅。2階建ての木造住宅ですが、老朽化が見られるだけでなく、建物内は暗くて熱がこもりやすいなどの問題を抱えていました。そんな問題を解決するために行われたのが今回のリノベーション。既存の屋根と外壁を残しますが、内装は全て改装されることになりました。そして以前とは見違えるような住まいへと生まれ変わったのです。

減築で生み出す開放感

今回改築するにあたって外壁の多くは昔のまま残されました。ですが一部だけ大きく変わったところがあります。それは建物の不必要な箇所を撤去したところ。通常リノベーションとなると、増築して空間を広くする印象がありますが、ここでは空間を敢えて狭くしているのです。その代わりに設けられたのはウッドデッキ。家の中から外へと気軽に出られる空間は開放感を与えてくれます。減築によって家は少しだけ狭くなりますが、代わりに開放感を得られるようになったのです。

明るさと空気の流れを生み出す吹き抜け

建物内に入ると、家の中に広がる空間に驚かされるでしょう。家の中にあるのは吹抜け。以前あった1階の天井と2階の屋根裏が取り除かれています。そこで感じられるのは高い天井が生み出す開放感。また吹抜けが生み出すのはそれだけではありません。2階の窓からの光を1階へともたらし、家のでの空気の流れを生み出します。そのため家は明るく熱がこもりにくくなったのです。

建物の歴史を感じさせる剥き出しの構造

このような住まいで大きな特徴となるのは、吹き抜けなどで見られる建物の構造です。以前は天井などで隠されていた梁や垂木となど骨組み部分が剥き出しになりました。太い木の梁が感じさせるのは木造建築の力強さや木が持つ自然の暖かみ。また黒ずんだ木の部材は建物が持つ長い歴史を感じさせてくれるでしょう。こうして吹き抜けのために表に出された家の構造は、鉄筋コンクリートの家や新しい家では出せないような空間を生み出しています。

リノベーションによって見せる古い建物の心地良さ

リノベーションによって家の中が明るくなり、そして熱がこもりにくくなりました。そればかりでなく新築の家では不可能な特別な空間が生み出されました。ここでは空間が現代的なものへと変わり、心地良さを生み出しています。そして同時に建物の歴史も心地良さを演出しているのです。このようなリノベーションによって心地良い空間に生まれ変わった家では、新築の家でできないような素晴らしい生活を送ることができるでしょう。

このリノベーションについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!