見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

homify 360°:繋がりが生み出す心地良い空間「中野南台の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家を建てるとなると問題となるのは敷地の大きさでしょう。特に都市部では大きな土地を確保するのが難しく、家もそれに合わせて小さなものになってしまいます。もちろんそれは生活にも大きな影響を与えることになります。今回紹介したいのは、そんな都心部に建てられた家。荻原雅史建築設計事務所が手がけた「中野南台の家」では、小さな敷地に建てられたにも関わらず、心地良い空間を生み出しています。

住宅密集地に建つ家

今回家が建てられたのは多くの住宅が軒を連ねる都心部の住宅密集地。周りを建物に囲まれており、目と鼻先に隣家が迫っています。そのため感じられるのは圧迫感。またそれだけでなく太陽の光を遮られることになり、陽当たりも悪くなってしまいます。そこで本住宅では開放的で明るさを感じられるような空間を生み出すことが考えられました。

土地の正面の幅となる間口は狭く、家はそれを最大限に活用する形になっています。そんな敷地に建つのは木造2階建ての建物。1階には家の間口の半分ほどの大きさとなる窓が取り付けられています。2階にあるのは間口一杯に広げられたベランダ。その背後には大きな窓が見えます。このような外観から開放感が得られるように考えられた建物だとわかるでしょう。

明るく開放的な建物内部

建物内部には明るい空間が広がっています。それを可能にするのは外観の特徴となっている大きな窓。そんな窓の近くにはリビング・ダイニングスペースがあり、明るい太陽の光を楽しめるようになっています。そこからは外に広がる景色も見ることができるため、広がりも感じることができます。家の中から外の景色を眺められるということは、外からも中が見えることになると心配になるかもしれません。でもリビング・ダイニングスペースは収納可能な引き戸で仕切ることができ、状況に応じて外から中を見えないようにできます。

家族の繋がりを生み出す空間の繋がり

他にも開放感を得るための工夫がされています。それは部屋同士を仕切らないようにすること。ここでは各部屋が小さな空間にならないように緩やかに繋げられており、広がりを感じることができます。このような繋がりは空間だけではありません。家の中にいれば、家族の気配も感じられるでしょう。そのため空間の繋がりは、家族の繋がりも生み出しているのです。

繋がりが生み出す心地よさ

本住宅で心地良い住まいとなるように考えられたのは繋がりの意識。リビング・ダイニングスペースは収納可能な引き戸もその一つです。ここではプライバシーを守るために空間の繋がりを遮断することはありません。また空間の繋がりは自然光を多く取り入れることを可能にします。このように本住宅では明るく広がりや家族の繋がりを感じられるような空間を生み出しているのです。

住宅密集地に建つ家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!