西庇の家: 株式会社建楽設計が手掛けたリビングです。

道路に面していてもプライバシーが確保された家5軒!

Y. F Y. F
Loading admin actions …

家を建てる際、人通りが多い道に面していたり、マンションや公園などに囲まれた周辺環境の場合に一番気になるのがプライバシーの確保ですよね。そして外からは見られたくないけど、家の中は明るく開放的にしたいとみなさん思われることでしょう。今回は、ファサードのデザインや家の間取りが考慮され、道路に面していてもプライバシーが確保された家を5軒ご紹介いたします。

スタイリッシュな外観の幹線道路沿いの家

C LAB.タカセモトヒデ建築設計が手がけたのは、幹線道路沿いに建てられた、道路側は騒音対策として窓を設けず壁のみで構成された住宅です。外観は黒とウッドにより、シックでスタイリッシュにまとめられています。インナーガレージの開口もしっかりと閉じられるようになっておりプライバシーがしっかり確保されています。こちらの住宅は「内部と外部、コントラストの効いた住宅「カベの家」」で詳しく紹介されています。

周辺からの視線に配慮された都心に建つ家

ARBOLが手がけたのは、都心に暮らす定年後のご夫婦のために建てられた平屋住宅です。周りのマンションや公園からの視線に配慮しつつ、内部は極力シンプルな構造で多くの自然や光を取り込んだ開放的な住まいが実現しています。こちらの住宅は「心地良い都会の生活を可能にする家「西三国の家」」で詳しく紹介されています。

高低差のある敷地に建てられた白く存在感のある家

プライム一級建築士事務所が手がけたのは、高低差のある敷地に建てられたスキップテラスのある住宅です。白い四角の外観は、道路に面しているため開口は最小限に抑えられたデザインになっています。内部は吹き抜けや立体的な造りからとても開放的な空間が広がっています。こちらの住宅は「高低差のある土地に建つスキップテラスの家」で詳しく紹介されています。

一日中光が差し込むプライバシーが確保された家

株式会社建楽設計が手がけたのは、南側に大きな二階建ての住居が迫り、 西側の狭い道路から60cm上がった土地をどう生かすかを計算して建てられた住宅です。南側の建物より高い位置に一周開口部を設置することによって、周辺からのプライバシーを守りながらも一日中光が差し込むLDKが実現しています。こちらの住宅は「西日を和らげる大きな庇と高窓の家」で詳しく紹介されています。

開放的とプライバシーの確保をコントロールできる家

岩崎整人建築設計事務所が手がけたのは、都内の人通りの多い道に面した住宅地に建つ三階建ての住宅です。ポイントは2階部分にあるテラスの前に設けられた大きな引き戸です。引き戸を開ければ開放的な空間が広がり、閉めれば周辺からのプライバシーを確保できる構造です。こちらの住宅は「プライバシーを守り開放感の得られる家「∩∪-(and-or)-」」で詳しく紹介されています。

プライバシーが確保されつつも開放的な家は理想ですね。ぜひコメントをお寄せください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!