外観: 武藤圭太郎建築設計事務所が手掛けた家です。

ユニークな外観のスキップフロアで繋がる家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

ユニークな外観がひと際目立つこの住宅、内部は実に様々なクライアントの要望を満たした豊かな空間で構成されています。閉じていながらも開放的な印象を与えるこの都市型住宅の設計はKEITARO MUTO ARCHITECTSが担当。さっそく見ていきましょう。

吊り構造が見せるダイナミックな外観

周囲には戸建て住宅や集合住宅が混在する都市部に近い立地。4台分の駐車スペースの確保という要望に応えるべく、道路側に屋根なしの駐車場を2台分、そしてダイナミックな吊り構造で生まれた屋根付きの駐車スペースを2台分設けましました。間口7mの敷地ですが、柱を設けていないためさらに玄関アプローチも確保。建物の長手方向を壁で挟むようなデザインとし、プライバシーにも配慮。駐車スペースの屋根はクライアントの希望であったテラスとして利用できるようになっています。三角形に現れた壁がちょうど目隠しとして機能すると同時にユニークな外観を形成しています。

スキップフロアが作る気配を感じられる空間

室内は基本的にスキップフロアで構成。多めの部屋数と家族の気配を感じられる空間を希望したクライアントにはぴったりのデザインです。玄関を入るとスチール製の階段がアクセントとなったホールが広がり、上階からの光によって明るさも確保。右側の壁は扉も一体化するように塗り壁で仕上げています。この壁の奥には和室と書斎を配置。

螺旋状に繋がる内部空間

リビングを中心に様々な螺旋状の階段で家全体が繋がります。手前の大きな開口からは玄関ホールが見下ろせ、光を下階に届けます。奥はキッチン。大きな開口で繋がりつつも段差によって程よく境界を設け、機能的な動線が使いやすそうですね。

視界が抜ける大きな開口

キッチンからの眺めです。リビングの大きな開口越しに都市の風景を眺めながら料理できるオープンなデザインが魅力的です。決して広くはない間口のコンパクトな住まいにもかかわらず、開放感が感じられる気持ちの良い家ですよね。

変化に富んだプラン

キッチンの隣にダイニングスペースを配置。ちょっと奥まった雰囲気が落ち着いた食事タイムを演出してくれます。スキップフロアで多層の変化に富んだ空間を構成しているので、多様な空間体験や視界が楽しめそうですよね。「スキップフロアで構成されるユニークな佇まいの住宅」も外観とスキップフロアが特徴的な住まいです。是非参考にご覧ください。

高さ6mの天井がもたらす開放感

右上の階段は子ども部屋へと続きます。高さ6mの広がりを感じさせる天井いっぱいに設けた開口を通して街の風景や空の様子が室内に飛び込んできます。下部の3枚扉を開ければテラスとフラットで繋がり、さらに開放感をもたらします。

小スペースにも工夫がいっぱい

リビングより数段上がったこの小さな空間は子どもの勉強スペース。リビングやキッチンの気配も感じられる距離感がいいですよね。造り付けのカウンターや小上がりがお洒落ですよね。下部は収納としても使えるので大変便利。四角い窓で切り取られた都市の風景が印象的です。

内部と繋がるお洒落なテラス

ユニークな三角形の側壁が目隠しにもなったプライベートなテラス空間です。3階に配置した子ども部屋からも窓を介してコミュニケーションが取れるアイデア、是非参考にしたいですよね。水道も確保しているので、バーベキューをしたり多目的に使えるリビングと一体化したテラスです。

モダンなタタミスペース

玄関ホール脇に配置した籠もり感のある和室です。琉球畳を採用し、モダンでミニマルな空間を演出。扉を開ければ上部からの光で照らされるホールと繋がり、広がりをもたらします。客室としても趣味の部屋としても使えるフレキシブルなタタミスペース、大きい必要はないので是非取り入れてみてはいかがでしょう?

【スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ スキップフロアの知っておきたいメリット・デメリットまとめ

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

ユニークな外観には機能的な理由があったんですね。ミニマルでお洒落な住まい、皆さんはどう思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!