ecospace españaが手掛けた家

プレハブ住宅について知っておきたい基本情報

プレハブ住宅について知っておきたい基本情報

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

プレハブ住宅とは、部材の生産・加工・組み立てを工場であらかじめ行い、ある程度組み立てられている部材を現場に搬入し、現場ではほとんど部材同士をさらに組み合わせたり、あるいは接合するだけとなる施工過程が効率的・経済的に図られてつくられる住宅のことです。現在では、そのような家のつくり方というのは、他の工法にも少なからず見られるものとなっています。そこで今回は、プレハブ住宅について是非知っておきたい基本情報を紹介していきたいと思います。

プレハブ住宅の種類

プレハブ住宅にも様々な構造・構法があるので、まずそれについて見ていきましょう。まず、木材パネルによって構造躯体をつくっていく木質系、軽量鉄骨や重量鉄骨を用いて軸組あるいはパネル工法で建てていく鉄骨系、あらかじめ工場で打ったプレキャストコンクリートを現場で組み立てるコンクリート系、さらに鉄骨や木材を使い躯体だけでなく、外壁・間仕切り壁や建具までも可能な限り工場で生産・組み立て、現場での作業を最小限に抑えられるユニット系があります。

プレハブ住宅はハウスメーカーが中心

プレハブ住宅を建てる中心的な存在はハウスメーカーです。工場生産や規格化によって効率的で経済的に大量の部材生産や住宅建設を行っていきます。もちろんハウスメーカーでも、在来工法や2×4工法を取り扱うところもあります。ハウスメーカーでも多くの企業がありますが、それぞれで独自で技術・工法の開発を行っており、長年積み重ねられた研究・実験などから構造的にも性能的にも信頼が高く安心感を持って家を建てていくことができるでしょう。

安定した品質と高い精度

プレハブ住宅の魅力は、安定した品質と高い精度にあります。工場生産される部材は、人間の手でなく機械によって加工されるため、品質が均一となり、精度も高い住宅となります。また、現場の組み立てにおいても、品質や精度にバラつきが出ないような部材や施工方法の工夫があらかじめなされているので、その点でも安心のできる工法となるでしょう。

施工期間の短さとコストの低減

工場にて部材の生産がなされ、可能な限りそこで組み立ても行われるため、現場での作業も最小限となり、自然と施工期間も短くなります。早く新居に入居したいという方にはおすすめの工法の1つです。また、そうした工期の短さ、さらには効率的な施工過程はトータルの建設コストの低減にもつながっていきます。低コストでインテリアを飾りたい方は、「コストを抑え、センスのいいインテリアに!」も参考にしてみて下さい。

プレハブ住宅の設計の自由度について

効率的な住宅建設のため部材がモジュール化されているプレハブ住宅の設計では、他の工法に比べると間取りやデザインなどにおいてあまり希望通りにかなわないことがでてきます。また、組み立てた部材が大きすぎて現場に搬入できない可能性もあるので、設計に加えて敷地選びでも自由度が低くなります。それらの点にこだわりのある方はあらかじめ気を付けておきましょう。こちらのCOLECTIVO CREATIVOが手掛けたプレハブ住宅では、その中でも素材や色、さらには全体のサイズについても様々な選択が可能となっています。

将来的な増築・改築について

将来、子どもの誕生や独り立ちなどによって住まいを増改築するという方も少なくありませんが、そうした増改築に対してプレハブ住宅は色々な制約が出てきてしまい、あまり適しているとは言えません。ハウスメーカーそれぞれで独自の技術・工法で建てられ、また間取りの変更もなかなか難しいため、将来増改築を視野に入れている方はそうした点も考慮に入れておきましょう。

長所短所をきちんと把握して、あなたに合った家づくりをしていきましょう!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!