手前にセカンドリビング。奥にLDKとインナーテラス。: シーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けたリビングです。

開放感を思う存分生かしたモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、南側に開いた作りを有効利用し、開放感のある生活が思い切り楽しめるモダンな住まいです。2つのリビングや明るく快適なインナーテラスを設けた室内空間は、特にリラックス感が抜群。家族それぞれがお気に入りスペースを見つけて思い思いに過ごすことが出来るようになっています。このプロジェクトを手掛けたのは、東京を拠点に活動するシーズ・アーキスタディオ建築設計室です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

白くモダンな外観

閑静な住宅街に佇む白くモダンな外観が目を引くこの住まい。日当たりのいい南側に開いた作りとなっており、50m先にある雑木林までのぞめる眺望の良さだそうです。ガーデニングが趣味というクライアントさんのために家には広い庭を計画。また敷地は道路面から少し高くなっているため、生活の中で道行く人の視線はそれほど気にならず、快適に暮らすことが出来る住宅になっているようです。

明るい玄関ホール

こちらは玄関ホールの様子。住まいの敷地は、東西に広がってはいるものの南北方面に対しては奥行きが浅い形状となっているため、玄関や階段、リビングへのドアの配置など色々な構造の要素を重ねながら圧迫感を感じずに上手に空間を使った住宅のプランニングとなっています。階段は段と段の間に隙間のある作りで、開口からの自然光が入ることにより、玄関ホールでは光と影の様々な表情が楽しめるようになっています。白を基調としたシンプルでモダンな雰囲気の室内空間で、落ち着きが感じられますね。

2つのリビングのあるLDK

こちらは住まいの中心となるLDKの様子です。手前がメインのリビングで隣にダイニングキッチンがあり、奥に見えている部屋がセカンドリビングとなっています。うまくスペースを区切ることで、LDKがコンパクトにまとまり一体感がありながらも、異なる雰囲気の楽しめる多様な空間が生まれています。

明るく快適なリビング

こちらはカウンターがオープンとなったキッチンからLDKを眺めた様子です。リビングには南側に面して大きな開口が設置され、快適な明るさを室内に取り込んでいます。このキッチンからは、LDK全体だけでなく庭やその向こうに広がる外の景色を楽しめるので、家事をしているときも、開放的な気分で取り組めそうです。またリビングの脇に設けられているのはインナーテラスとなっています。

程よい距離感で過ごせるLDK

こちらはLDKをセカンドリビング側からのぞんだ様子です。2つのリビング、ダイニングキッチン、インナーテラスと、それぞれのスペースが細かく区切られていながらも、お互いが気配を感じながら過ごせる作りとなっているようです。家族がそれぞれの場所を見つけて、程よい距離感で安心してゆったりとくつろげるのが魅力的ですね。

半屋外のインナーテラス

こちらはリビングの脇に位置し、南側の庭とつながるように設けられたインナーテラス。室内にいながらも、屋外の明るさが楽しめるくつろぎスペースとなっています。ガーデニングが趣味のクライアントさんは、ここのテラスでご自身が手をかけた美しい庭の様子を眺めながら、豊かな暮らしを満喫している様子が目に浮かぶようです。

インナーテラスのある明るく快適な住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!