homify 360°: 周りを囲まれても心地良い家「木曳野の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

多いの家は住宅地に建てられるでしょう。家を建てるには都合の良い住宅地ですが、都心部などでは家の間に余裕が無く隣家が直ぐ目の前に迫ることも。もちろんそれは問題をもたらします。そこで周りを建物に囲まれても心地良い空間を生み出した家を紹介したいと思います。家を手がけたのは福田康紀建築計画。建てられた家では明るく開放感が得られるようになっています。

3方を取り囲まれた家

今回家が建てられたのは石川県の金沢市。多くの家が建ち並ぶ住宅街の一角に建てられました。家の前には道路がありますが、それを除けば3方を隣家に囲まれています。周りの建物が目の前にあるため、感じられるのは閉塞感。また隣の建物が影を作るため日当りも決して良くはありません。そこで、こうした問題を解決して心地良い空間を作ることが考えられました。

シンプルな外観と印象的な玄関

建物は木造2階建て。箱形に3角形の屋根をのせた形になっています。外壁は黒色にまとめられていて、窓や玄関に以外に目立つものは見えません。玄関があるのは建物前面部分ファサードの凹みの中。そのため短く狭い通路を通って家の中に入ることになります。それは特別な空間に立ち入るような印象的な体験を生み出すでしょう。

スキップフロアが生み出す開放感

玄関を抜けると階段が見え、その先には2階へと延びる階段があります。家の2階にあるのは広々とした空間。建物内ではスキップフロアと呼ばれる階段状に階層を積み上げる構造が利用されています。そのため階層が部屋のように分かれています。ですが壁で部屋を仕切っていないので圧迫感を感じることはありません。また屋根裏がなく天井が高い空間は開放感さえ感じさせてくれるでしょう。

明るく風通しの良い家

このような広がりのある空間を太陽の光が満たしています。それをもたらすのはルーフバルコニーや天井に取り付けられた天窓。周りを家に囲まれていますが、屋根を囲むものはありません。そこで空からの光を取り入れています。また家の南側にルーフバルコニーを設けています。そこの窓を開けば、家の中に流れ込むのは暖かな光や心地良い風。こうして広がりを持つ明るい空間を作り出しているのです。

周りを囲まれても心地良い家

住宅地の家となると、日照や開放感を得ることは簡単ではありません。周りに建つ建物が光や風を遮り、圧迫感を生み出します。ですが本住宅ではスキップフロアや天窓などを活用して、心地良い空間を生み出しています。たとえ家が周りを建物に囲まれていても、快適な生活を送ることができるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!