久留米の家: 森裕建築設計事務所 / Mori Architect Officeが手掛けた家です。

スリット開口とワイド開口を使い分けるモダンな家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

住宅の開口の形やデザインはどのような過程を経て決まるのでしょう。周辺の環境や快適な住環境を造るために様々な工夫が凝らされている開口ですが、機能的でありながらちょっぴり外観にも印象を与えるような開口デザインにこだわってみるのはどうでしょう。ご紹介するのはワイドな開口、スリットな開口どちらも取り入れたモダンな住まいです。森裕建築設計事務所が手掛ける「久留米の家」は、大きなフレームの外壁に包まれるようなフォルムが特徴的な建物。外壁に切り込むようなスリットの開口と、大きく開くワイドな開口が視線や開放感をコントロールしながら快適な住空間を造ります。モダンでシンプルな住まいながらも、心地よく無理なく開く開口によって安心感と自然を感じられる住空間が広がります。

ワイド開口のあるモダンでシンプルな外観

閑静な住宅地の一角、夕景に見る本住宅はワイドな開口から温かな光が漏れるモダンな外観です。前面道路から見通す本住宅は一階スペースには勇足と駐車可能なガレージ、二階に居住スペースを設けた住宅プランに。大きな開口を持ったファサードでも前面道路から生活スペースへの視点がずれることによって、自然を取り込みながら安心感のもてる住空間です。連続するような屋根から外壁、バルコニーのフレームが迫力とダイナミックさを感じるインパクトのあるデザインです。

スリット開口のあるボックス型の外観

本住宅を別の角度から見渡すと、見た目は一変してスリット状の開口が印象的な閉鎖的な外観に。ボックス型のフォルムにモノトーンからーでまとめたシックな外壁、切り離されたように浮遊感すら感じさせるスリット状の開口がモダンでスタイリッシュなデザインです。前面道路に面する側は閉鎖的に、奥まった面は開放的なデザインとしたメリハリのあるプランです。

広がりを感じる開口

階段スペースに開くのはスリット状の開口。階段を少しづつ上がる度にスリットから覗く風景が視点と共に変化していく様を感じることができるはずです。下階から上階まで同じ開口から覗く風景の違いを愉しみながら、コーナーウィンドウとなったスリットに広がりをも感じることができます。

ゆったりと寛ぐモダンなリビング

二階に位置する家族が集まる場所、リビングスペースには天井一杯まで開く大きな開口のある空間です。開口のフレーム高さに揃えられたようなテレビカウンターや和室の小棚のラインが直線的ですっきりとした印象に。シンプルに大きな開口の傍、大きなソファで寛ぐひと時は最高ですよね。

ホワイトカラーで包む安心感のある寝室インテリア

寝室はホワイトカラー一色でまとめた淡くやわらかな空間です。間接照明の灯りでホワイトカラーの色味が温かみを帯びたオフホワイトカラーとなって安心感すら持てるインテリアに。カウンター式の棚に小物を仕舞い込めばスッキリとシンプルな空間です。まるでホテルのような清潔感ある空間です。

開口デザインをもっと有効的に活かした住まいもいいですね!気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!