神戸北の家: 藤原・室 建築設計事務所が手掛けた家です。

高台に建つ三角形の住宅

高台に建つ三角形の住宅

JUTO JUTO
JUTO JUTO
Loading admin actions …

この住宅、とってもユニークな形をしています。なんと三角形の平面を持つ住まいで、プライバシーの配慮からあえて北側に大きな開口を設けています。周囲は自然に囲まれたのんびりとした敷地ですが、分譲地のため将来的に建物が建ち並ぶ可能性があります。そんな敷地環境を見据えて計画された住宅は藤原・室 建築設計事務所が手がけました。

敷地環境をふまえて北側に開いた計画

担当した建築事務所は土地探しの段階からこのプロジェクトに携わっています。様々な選択肢の中からこの変形の敷地が選ばれたのは、北側に建物が建つ可能性の低いこと、高台にあることでプライバシーが保ちやすいといった理由からでした。北側に向って片流れの屋根が架かった三角形の平面によって変化に富んだ空間が生まれました。同じように変形敷地に建てられた「公園の横のY字路に建つ家」でも異なる軸線から生まれた変化に富んだ空間が見られます。

ランドマーク的な佇まい

外観はグレーのモダンな外壁、3階まで同じ位置に設けられた開口がアクセントとなったランドマーク的な建物です。建物右手のくり抜かれた部分が玄関。比較的閉じた外観によって視線などに配慮しています。

ナチュラルテイストのインテリア

この住宅は1階に寝室や子ども部屋、浴室等個室を配置し、2階に家族みんなが多くの時間を過ごすダイニングキッチン及びリビングを配置しています。北側は高台になっており、大きな開口からはその風景を眺めることができます。経年変化の楽しめそうな色合いのウッドフロア、勾配天井に貼った木板、北欧風のダイニングセットが暖かみのある室内を作り上げています。

北側の風景を取り入れたLDK

四季折々に変化する自然を身近に感じられる北側にあえて開いたプランですが、安定した採光が確保でき、開口もたっぷり設けているので明るく開放感があります。

細部にまでこだわったオリジナルキッチン

こだわりのキッチンを見てみましょう。ウイスキー色の味わいのある木板と薄いステンレスのワークトップを組み合わせた使いやすそうなキッチンです。ダイニング側の背板部分にはスライド式のドアを設けてあります。きcっと収納ですね。木板張りの天井が山小屋のようなラスティックな雰囲気をもたらし、さらに大きな開口によってお料理をしながら外の景色を眺められる素敵なキッチンエリア。奥には収納力たっぷりのパントリーを設けています。

段差を設けたリビングエリア

ダイニングから振り返ると細長い開口のある三角形のリビングエリアです。段差によって緩やかな領域が作られ、繫がりながらもそれぞれの空間を意識したワンルーム型のLDK。お子さんが小さいうちは家事をしながら目が届くのが嬉しいですよね。

緩やかに繋がる空間

ダイニングとリビングの間の階段は3階のロフト風の和室へ続きます。もともと客間として計画されましたが、吹抜けを介してLDKとも繋がり、第二のリビングとしても利用されています。ちょっとお昼寝するための寝室としても使えそうですよね。同線上に配置した窓がちょうどハイサイドライトのように高い位置からの光を導いてくれ、空間を明るく演出してくれています。

FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!