印象的なフォルムが作るシンプルで豊かな住空間 | homify Japan
清田の家: 森裕建築設計事務所 / Mori Architect Officeが手掛けたキッチンです。

印象的なフォルムが作るシンプルで豊かな住空間

印象的なフォルムが作るシンプルで豊かな住空間

kanako K kanako K
Google+
kanako K kanako K
Google+
Loading admin actions …

住宅の一般的なフォルムと言えば三角の屋根や、ボックス型、片流れ屋根など見慣れたフォルムが一般的です。そんな決まりきったフォルムを崩して新たに快適な住空間は作れるのでしょうか。ご紹介するのは、見た目にもちょっぴりインパクトを残す個性的なフォルムが印象的なモダンでシンプルな住まいです。森裕建築設計事務所が手掛けるこちらの「清田の家」は、シンプルでシャープなデザインながら一般的な住宅とは一味異なるフォルムでシンボリックなフォルムが特徴となった住まいです。見た目のインパクトだけでなく、住空間は自然を感じる豊かな空間が広がります。無機質なホワイトカラーでまとめられたインテリアは余分なものを削いだナチュラルな暮らしのベースになっているのかもしれません。

白い五角の印象的な外観

閑静な住宅地の一角、青い空の下真っ白な外壁と屋根の棟をちょっと押しつぶしたように歪な五角形のフォルムをした本住宅外観。周辺からはどうやらシンボリックな存在感を放つ、個性的な見た目をしたシンプルモダンな建物です。正面から見る本住宅は、大きなフレームとガラス窓に包まれたような住空間でしょうか。閉じた地上階部と開いた二階部がバランスよくまとまった綺麗なフォルムですよね。

一色でまとめる室内インテリア

開いた二階部に位置するのは住人が寛ぐパブリックなスペース。室内はホワイトカラー単色でまとめられたモダンなインテリアです。ひょっとしたら色味のあるモノの存在が珍しいように感じてしまうかもしれませんね。屋根勾配の高天井は見上げるとちょっぴり足がすくんでしまいそうな、大胆な余白を感じる開放的な空間を演出。圧倒的な開放感とシンプルなインテリアが特徴的な空間です。

一体感を感じるシンプルな間取り

角度を変えて室内を見てみると、そのダイネミックな天井高さと、シンプルな住空間の全体が把握できますよね。キッチンとダイニングが悠々と置かれているようにも思えるミニマルな空間は生活スペースというよりも、まるで美術館やラボのような未来的なインテリア。人と開口の大きさのスケール感によって、大胆で十分な余白を持った特別な空間が広がります。

豊かな住空間を造る大きな開口

吹抜けとなった階段スペースを駆け上がると、正面に見る大きな開口から爽快な青空を望むことができます。少しずつフロアを上がっていくようにスキップフロアのような構成の住宅プラン、上下階とのつながりを感じられる心地のいい空間です。大きな開口から差し込むダイレクトな太陽の陽ざしが下階まで届きそうな程、明るく気持ちのいい豊かな住空間です。

自然の変化を味わう住空間に

夕景にみる室内は空のしっとりと柔らかな光に包まれ、自然の自然の変化を感じられる空間です。真っ白なインテリアは空の色味に素直に染まって住空間の一部に取り込んでしまったかのような違和感のない居心地のいい居場所に。日が落ちるまでゆったりとほの暗い住空間を味わうのもいいですよね。大きな開口があっても周辺の視線が届かない安心感のある空間、「一般的」な住まいとは一味違った豊かでおおらかな空間が広がっています。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!