homify 360°:周りを建物に囲まれても快適な家「春風の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

旗竿敷地と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。その名前の通り旗竿のような形をしている敷地で、通りにでる細長い通路がある土地のことを指します。そんな旗竿敷地では普通の家が建てられないような多くの問題があります。そこで紹介したいのは旗竿敷地であっても心地良い家です。それを手がけたのは樋口章建築アトリエ。建てられた「春風の家」では敷地の問題を感じさせないような空間を作り出しています。

旗竿敷地に建つ家

今回家が建てられたのは兵庫県の宝塚市。敷地は多くの家が建ち並ぶ一角にあり、旗竿敷地となっていました。このような敷地で問題となるのは閉塞感、日当たり、そしてプライバシーなど。建物は通路部分以外を周りの建物に囲まれることになります。そうなると太陽の光が遮られ日当たりが悪くなります。そればかりか、すぐ横に隣家が迫るためプライバシーを守ることも簡単ではありません。そこで開放感を生み出し、明るく、プライバシーを守る家が考えられました。

外から見えない中庭

家は木造2階建てで白色にまとめられています。そんな建物の入口に立つと、建物が普通の家と違うことがわかるでしょう。白い外壁の上にあるのは建物の入口。その奥には植えられた木が見えます。木が植えられている場所は中庭。それは外壁と家に囲まれており、外からは見えないプライベートな空間となっています。ここでは間近に迫る隣家の様子も気にする必要はありません。そのため中庭は周りを気にせずくつろげる場所になるでしょう。

広がりを感じさせる空間

建物内部に広がるのは中庭を活かした空間。特に印象的なのは2階です。そこにあるのはリビング、ダイニング、キッチン。屋根裏部分がくロフトが設けられています。中庭に面するところには大きなガラス窓があり、庭の様子を眺めることができます。そのため庭が部屋の一部のように見えるでしょう。こうしたガラス窓や吹抜けが感じさせるのは開放感。ここでは横にも縦にも圧倒的な広がりを感じることができるのです。

中庭が生み出す効果

本住宅は周りを家に囲まれていますが、中庭と同様にプライバシーを気にする必要はありません。外壁が外からの視線を遮ることになります。家の中から見えるのは周りの家ではなく家の前に広がる庭。そのため閉塞感を感じることはないでしょう。また庭は家の南東方向にあるため太陽の光が届く場所になっています。そんな明るい中庭が家の中にもたらすのは自然光。そして暗くなりがちな旗竿敷地の住まいを明るくしてくれるのです。

旗竿敷地でも快適な家

旗竿敷地は特殊な形状のため、そこでの生活に大きな影響を与えます。だからといって快適な家を諦める必要はありません。敷地の問題はそこに建つ建物で解決することができるのです。ここで建てられたのは開放的で、明るく、プライバシーの守れる家。このような家では、きっと心地良い生活を送ることができるでしょう。

旗竿敷地に建つ家で何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!