ミニマリストの家: 畠中 秀幸 × スタジオ・シンフォニカ有限会社が手掛けた家です。

homify 360°: ミニマルで多様な空間「ミニマリストの家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

街を歩けばミニマルでモダンな外観の家を見ることがあるでしょう。今ではそれは決して珍しいものではなくなりました。一般的なものとなってきたミニマルな家ですが、その内部が外観と同じようなものとは限りません。中には特別な空間を生み出しているものもあります。そこで紹介したいのは「畠中秀幸×スタジオ・シンフォニカ」が手がけた家。建てられた「ミニマリストの家」には他の家では見られないような特別な空間が実現されています。

ミニマルな外観の家

家が建てられたのは札幌市の郊外。敷地の周辺には公園や緑地が広がり、恵まれた環境に囲まれています。そんな場所に建てられた家は少し目立つかもしれません。遠くから眺めると見えるのは2軒の箱型の建物。大きなものが生活の中心となる場所で小さなものは離れになっています。その2軒の建物を繋ぐのは渡り通路。それ以外に目立ったものはなく建物のミニマルさが際立って見えるでしょう。

特別な機能を持つ家の外観

大きな箱型の建物は木材に覆われています。使われているのは細長い木の板。それは水平方向に並べられ、隙間を空けて建物を覆っています。夜になれば、家から見えるのは隙間から洩れる明かり。ガラス窓の部分も木の板が覆っているため、中の光が隙間から洩れて見えます。また家の中からは外の風景が隙間越しに見えます。特別な外観を生み出す木の外装は、家を光で彩り、プライバシーを守り、そして壁が生み出す閉塞感を弱めるのです。

2つの箱が生み出す特別な空間

このような建物の中に広がるのは特別な空間。箱型の家ですが、その中にも箱型の空間が入って、入れ子のような構造になっています。中に入る箱はキッチン、バスルーム、トイレと言った水回りのものを集めた空間。それだけでなく外壁と内部の箱の間にある余白の空間も特別な場所として演出されています。そこにあるのは吹抜けのように高い天井。階段状のスペースが設けられて、客席とステージが生み出されているのです。

シンプルだけれど、風景を取り込み、趣味を楽しめる空間

本住宅で考えられたのは2つのことでした。1つは音楽を趣味とするクライアントがシンプルな生活を望んでいること。これはミニマルな家の外観、またシンプルな構造で客席とステージを作り出すことで実現しています。そしてもう1つは敷地周辺に広がる公園や緑地など様々な風景を取り込むこと。これは木の外装に隙間を設けて周りの風景を取り込むことで応えています。このようにシンプルだけれど、風景を取り込み、趣味を楽しめる住まいが生み出されているのです。

ミニマルで多様な空間

「ミニマリストの家」という名前の通り、ここではシンプルな外観の家が建てられています。ですが、ここでの生活は決してミニマルなものではありません。趣味を楽しみながら、そして四季の移ろいを感じながら、生活することができます。このような本住宅はシンプルでありながらも多様性に富んだ生活を可能にしてくれるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!