キッチンを大きく見せる方法

AYUMI SAITO AYUMI SAITO
Loading admin actions …

キッチンを大きく広々と見せる方法を知りたいと思いませんか。キッチンは、構造上スペースが多く取れない場合が多いかと思います。それでも、少し工夫を凝らせば、実際以上に広々と感じられるキッチンを作ることは可能なのです。今回は、そのアイディアをご紹介します。

窓ガラスで自然光を入れる

キッチン空間を広々と感じさせるために一役買ってくれるのが、自然光です。自然光の明かりは、限られた空間でもキッチンを広々と感じさせてくれるのです。そのためには、窓ガラスを取り付け出来るだけ自然光を取り入れられるようにしましょう。株式会社ミユキデザインが設計したこちらの北欧風のキッチンでも、大きな窓ガラスを取り付け、自然光が十分に入り込むようにしてあります。自然光のおかげで、木のぬくもりがさらに暖かく感じられる広々としたキッチンになっていますね。

壁紙の色を抑える

壁紙の色を抑えると、キッチン空間を広々と感じさせることができます。特におすすめなのが、白を基調にすること、もしくは光沢のあるシルバーを使うと、視覚的に空間が広く感じられるようになります。さくま建築設計事務所が手掛けたこちらのキッチンも、白を基調とした落ち着いた色合いのキッチンとなっています。シンプルなデザインなので、例え限られた空間であっても狭さを感じさせませんね。

最適なフローリングを

キッチンを大きく見せるためには、フローリングの選び方が重要です。キッチンを大きく見せるためには、明るめの色のフローリングを選ぶと、視覚的に空間を大きく見せることができます。こちらのクラシック調のキッチンでも、明るいベージュのタイル式フローリングを用いたことで、キッチンが明るく広々とした空間となっています。

システムキッチンを取り入れる

キッチンのスペースが限られてしまうのはしょうがありません。それならば、限られた空間で十分機能的なキッチンにするために、システムキッチンを取り入れましょう。そうすれば、余計なスペースを必要とすることなく、機能的で実用的なキッチンを作ることができます。ATELIER Mがデザインした、こちらのモダンなキッチンも、オープン型のシステムキッチンを取り入れたことによって、空間をうまく利用した広々としたキッチンを作ることに成功しました。

デットスペースをうまく活用する

キッチンになくてはならないものが、収納スペースです。この収納スペースを上手く作ることが、限定的な空間でも広々と感じられるキッチンを作る鍵となります。そのためには、デットスペースを上手く活かした収納スペースを作る必要があります。特にデットスペースとして上手く使いたいのが、キッチン台の上の空間です。ここに十分な収納を作れれば、余分な棚を別途置く必要がなく、省空間を実現できます。アトリエソルト株式会社が手掛けたこちらのモダンなキッチンも、デットスペースに十分な収納を作ることによって、広々としたキッチン空間を作り出しました。

常に片付いた状態に

常に片付いた状態のキッチンこそ、キッチンを広々と見せる一つの手段です。株式会社ビルドアートが手掛けたこちらのカントリー調キッチンでは、十分な収納スペースを設けてあるので、常にキッチン周りをすっきり見せられるようにしてあります。そのおかげで、いつもキッチンが広々と使えるようになっています。

使えそうなアイディアは見つかりましたか。ぜひ感想を聞かせてくださいね。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!