見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

部屋もビーガンにできますか?

Kawase Minori Kawase Minori
Loading admin actions …

ビーガンとはイギリスから発祥した言葉で、肉魚はもちろん乳製品といった動物製品を取らない完全なるベジタリアンの人たちのことを言います。さらに生活の面でも食生活と同じで動物製の物を使用しません(アニマルフリー)。その生活においては家や部屋や身の回りの物の素材に敏感になる必要があります。どんなことに気をつければいいのでしょうか?少し難しく聞こえますがそんなことはありません。今回はそんなビーガンの家をつくるには?のアイディアを紹介したいと思います!

ウールフリーのカーペット

カーペットは断熱効果が高く寒い冬のフローリングを温めてくれて経済的ですよね。またマンションに住んでいる人はその防音性のために足音が響かないようにひいている。という人もいるかもしれません。そんな必需品のカーペットもビーガンの家ではウールフリーのものを探しましょう。実はウールの使われていないカーペットを探すのはなかなか大変です。カーペットの保温性か、防音性か、それとも模様のデザインのどの部分を重視していたのかを考えてみて、植物性の素材でできたアニマルフリーのものを探してみましょう。

ファーフリーのラグ

Luuシリーズ: greenicheが手掛けたリビングルームです。
greeniche

Luuシリーズ

greeniche

足元を優しく温めてくれるラグ。特にフローリグは冬に冷たくなるため、なるべく暖かいものを敷きたいですよね?ファーはとても暖かいことはご存知でしょうが、やはりここでも動物製品のファーが使われているラグは避けましょう。ファー以外にも暖かく保温性のある素材がたくさん出ていますし、またフワフワとした見た目が好きな人はフェイクファーの物を探してみるなどしてぜひ取り組んでみてください。

シルクフリーのクッション

シルクのクッションは見た目にも華やかですし刺繍の美しさには惚れ惚れしてしまいますよね。蚕が一生懸命糸を作ってくれたおかげです。シルクにも少し休みをあげて、この大阪のSTUDIO MAのユニークなクッションデコレーションを紹介します。一見普通の布に見えるこの生地は実は和紙でできています。和紙は丈夫で有名ですが、こんなに耐久性があるとは驚きですね。まさかクッションの生地が和紙なんて!と来るゲストからも評判になること間違いなしです。

レザーフリーのソファー

Luu Sofa: greenicheが手掛けたリビングルームです。
greeniche

Luu Sofa

greeniche

ソファを選ぶ際にもちろん気をつけるのは、レザー(牛革)を使った物。レザーはメンテナンスも大変ですし、アニマルフリーの家づくりのため、植物由来の素材にしてみませんか?ソファは綿や麻といった生地を選びビーガン食と同じ菜食主義に。このシンプルな形が美しいソファーは鳥取県のGREENICHEが作られたものです。優しい緑の色が部屋全体を優しく包みこみます。

蜜蝋フリーのキャンドル

INSが手掛けたリビングルーム
INS
INS

キャンドルも蜜蝋が使用されていないものを選びましょう。蜜蝋はミツバチの巣を構成する蝋を精製したもので、アニマルフリーを目指す家には避けたいものです。そんな蝋燭はあるの?と思われるかもしれませんが。このキャンドルはソイキャンドルといい大豆の油を原料として作られています。有害物質をほとんど発生させることもなく安心安全です。

フェザーフリーの寝室

homifyが手掛けた寝室
homify

空気循環システム

homify

動物の毛や羽を使った製品を避ける為、鳥の羽を使用している羽毛(フェザー)の布団も避けましょう。フェザーを使用しなくてもいいように、暖かい寝室はやはり必要ですよね。部屋を保温する機能もエコなものを選びたいところ、手前のダクトが見た目にもナチュラルな空間を作り出しているこの寝室は中浦建築事務所が手がけられました。このダクトはそれだけではなく省エネ対策において大変に大きな仕事をしています。空気循環により部屋は暖かく保たれ、寒さを我慢をせず快適で自然にも動物にももちろん人間にも優しい寝室です。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!