リビング: 窪江建築設計事務所が手掛けたリビングです。

小さな庭が生み出す特別な空間

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

庭と言えば何を思い浮かべるでしょうか。それは家にとって重要な屋外の空間になります。そこでは太陽の光を浴びたり、外の風にあたることができます。もし庭に植物が植えられていたら、自然を身近に感じることができるでしょう。そんな庭ですが、決して大きな敷地を必要とするわけではありません。そして小さな庭であっても、光や風を感じ、自然を楽しむことができるでしょう。そこで紹介したいのは5つの小さな庭。それは生活に大きな影響を与える特別な空間になっています。

光や風をもたらす庭「HOUSE IN HAMAMATSU」

窪江建築設計事務所が建てたのは2つの中庭を持つ家。1つ目は家やガレージ、そして外壁に囲まれたところにあります。もう1つがあるのは家の中心部。いずれも大きなものではありませんが、生活に大きな効果をもたらすことになります。家の一部は2つの庭に挟まれており、庭に沿って大きなガラス戸が取り付けられています。それを開け放てば、家の中を風が通り抜けることに。もちろん多くの光を取り込むこともでき、家は明るく風通しが良くなります。小さな庭は心地良い空間を生み出しているのです。

開放感を生み出す庭「House of Nishimikuni 」

西三国の家 House in Nishimikuni: arbolが手掛けたリビングです。
arbol

西三国の家 House in Nishimikuni

arbol

建築設計事務所arbolが手がけたのは特別な庭を持つ家。庭は家と外壁に挟まれた形で造られています。家の周りはプライバシーを考えて木の外壁で囲まれています。普通であれば外壁によって圧迫感を感じることになりますが、ここではそれを感じることありません。外壁と家の間には植物の植えられた小さな庭があり、それが家を囲んでいます。そのため家の中からは緑に覆われているように感じられ、壁の存在感を感じさせないでしょう。そして自然を身近に感じさせ、開放感を生み出すことになるのです。

立体的な緑の空間

homifyが手掛けた

こちらの小さな庭では小径を囲むように植物が植えられています。石が敷かれた径の周りには様々な種類の植物が見えます。そんな庭にアクセントを加えるのがバラを伝わせたアーチ。直接地面に植えるだけでなくアーチを使って高いところにも植物の枝葉を広げさています。狭いスペースに生まれたのは立体的な緑の空間。ここでは小さな敷地でも自然を身近に感じられるような空間を生み出されています。

土地の記憶を引き継ぐ庭「梅の木のある家 」

夕景:中庭の梅の木: 有島忠男設計工房が手掛けた庭です。
有島忠男設計工房

夕景:中庭の梅の木

有島忠男設計工房

有島忠男設計工房が手がけのは土地の記憶を引き継ぐ小さな庭です。家の設計を依頼をしたクライアントは梅の木が植えられた土地に出会い、そこに家を建てることを考えました。そこで建築家に依頼したのはその梅の木を残すこと。通常であれば家を建てる際に敷地は更地になります。もちろん土地の記憶は失われてしまうでしょう。ですが、ここでは梅の木を中庭に残して家を建てることになりました。春になれば、家の中から中庭に咲く梅の花を楽しむことができます。四季の移ろいを梅の木で楽しみながら、同時に土地の記憶を引き継ぐことができるのです。

都会の小さな農園「六本木農園FARM」

六本木農園FARM: OnDesign が手掛けた庭です。
OnDesign

六本木農園FARM

OnDesign

設計事務所ondesignが手がけたのは農園。それは東京の中心部にある小さな小さな緑の空間です。木のデッキの上に並べられたのは1.8m四方のガラスで覆われたコンテナ。その中では野菜が育てられており、訪れた人はその様子を見ることができます。近くにあるのは全国の農家から取り寄せられた野菜を食べることができるレストラン。家の一部となる庭ではありませんが、畑としてだけではなくレストランの庭としても役割を果たすことになります。このような小さな空間は農業や自然を身近に感じられる素晴らしいプレゼンテーションの場となっているのです。

小さな庭について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!