もっと楽しい庭を作るには

mami.k mami.k
Loading admin actions …

庭とは外でありながらプライベート間のある特別な空間です。お客様を呼んだり家族で団らんのひと時を過ごしたり、最大限に活用して生活を豊かにしたいですね。どうしたらもっと楽しい庭を作れるのか、六つのアイディアをご紹介します。

サマーハウスの庭

インナーテラス~035カルイザワハウス: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けたベランダです。
atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

インナーテラス~035カルイザワハウス

atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

こちらは軽井沢の川のせせらぎが聞こえる場所に建てられた別荘です。サマーハウスや別荘では、その場所ならではの自然をたっぷりと満喫できる庭にしたいですね。こちらのテラスは青々とした林に向かって開けており、開放感抜群です。深い庇がテラスを覆っているので、自然を感じながらも日の光を直接浴びることなく夏も快適に過ごせそうですね。こちらのテラスにもラウンジチェアが設置されています。大自然に囲まれて身体をのんびりと伸ばせる、とても贅沢なテラスです。

ホットタブ

ホットタブとは、大型の風呂桶のことを指します。欧米では友人同士がここに浸かりながらおしゃべりをしたりしてくつろぎの時間を過ごします。写真は 株式会社中村建築設計事務所により東京都の閑静な住宅街に建てられた住宅のバルコニーです。傾斜地に立てられているため、扇方に開けたこのバルコニーからは美しい夜景が一望できるそうです。綺麗な街の景色を眺めながらゆったりと気の置けない仲間と過ごすことが出来そうなホットタブのアイディアです。是非真似してみたいですね。夜のライトアップもとてもラグジュアリーな印象です。

プール

なんといってもプールのあるお庭は多くの人にとって憧れではないでしょうか。沖縄の座喜味に建つこちらの別荘には、プールのある広々としたバルコニーがあります。沖縄の亜熱帯気候の特性を生かし、壁を少なく開放的な空間にし、庇の深い木造屋根にしてあるそうで、バルコニーとの繋がりも感じられますね。プールは入って遊ぶことはもちろん、水の持つ安らぎの力によって、そこにあるだけで心が落ち着くような空間になりますね。

パティオ

二段テラスの家: AMO設計事務所が手掛けたベランダです。
AMO設計事務所

二段テラスの家

AMO設計事務所

都心や住宅密集地では、広々と外に開けた庭を持つことが難しいこともあるかもしれません。そんな時にはスペインでなじみ深いパティオという中庭のアイディアを取り入れてみてはいかがでしょうか。写真の住宅にはモダンなリビングに続き、タイル張りで清潔な印象のパティオが開けています。少しの空間でも、光を集める光庭のような役割になっており、部屋に明るさをもたらしていますね。屋内から緩やかに続く中とも外とも取れるような空間は、家に大きな開放感を生み出してます。

アウトドアクッキング

屋外での料理や食事はどんな時でも心躍るものですよね。自宅のお庭にそんなアウトドアクッキングが出来るスペースがあったらさぞ楽しいことでしょう。こちらは約十年前に建てられた住宅の、ダイニングの前のスペースをアウトダイニングにリノベーションしたものです。大きな窓から屋内の様子も良く見え、キッチンと一体化したようなテラスです。バーベキューセットで屋外で楽しく調理することも可能ですね。

ラウンジチェア

広い面を取ることが難しい立地に建てられたこちらの住宅では、壁で仕切らずにレベルの違うフロアを小刻みに繋ぐことで、繋がりを感じつつ変化にとんだ屋内空間が広がっています。そうして造られたお家のテラスは、この複雑な形を受けた屋根に覆われているせいで、立体的で奥行きのある表情を見せています。空を眺められるテラスには、ラウンジチチェアが設置されています。お風呂上りや仕事終わりに、足を延ばしてのんびりと外の景色を眺められれば、一日の疲れがとれそうですね。

庭で外の空気を感じながら楽しい時間を過ごしましょう。コメントお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!