haus-kuro: 一級建築士事務所hausが手掛けた家です。

2層のバルコニーがシンボリックな家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

このシンボリックな住宅は一級建築士事務所HAUSが手がけたもの。敷地の大半が傾斜した法面で2方向に道路がある上、法規制の厳しい立地ですが、近隣の緑豊かな風景、そして遠くの海峡などを見渡せるよう巧みな設計によって生まれたのは、結果的にユニークな外観を持つ広がりを感じさせる住宅。さっそく一緒に見ていきましょう。

大きな開口が特徴的な外観

敷地の北と東の2方向に道路があり、斜面ということで擁壁を設けています。ダークブラウンの木質と白い塗り壁が高級感のある外観をつくり、その形態から変化に富んだ住空間が想像できます。北側にエントランスを設け、木の縦格子によって緩やかに境界を作っています。大きな開口が特徴的な佇まいですね。

2層の張り出したバルコニーがユニークな佇まいを形成

実家のある南側にはビルトインガレージを設け、空間を有効に利用。東側の道路を挟んだ場所には緑豊かな神社、さらに向こうには明石海峡大橋などの素晴らしい眺めを望め、それらの風景を取り入れるべくギリギリの位置まで張り出したバルコニーを計画。必然的にこの外部空間は室内に想像以上の広がりをもたらしすことになりました。同時に突き出た2層のバルコニーが浮遊感のある外観を形成し、近隣街区のランドマーク的な存在となっています。「スキップフロアで構成されるユニークな佇まいの住宅」も敷地環境を考慮した結果、ユニークな佇まいが生まれました。是非参考にどうぞ。

大きな開口で広がりのある玄関をデザイン

格子で仕切られ、通りの視線も気になりません。玄関脇に坪庭のような外部空間を設置し、大きなFIX窓により一体感を出したエントランスになっています。玄関ドアの横にも明かり取りのクリアなFIX窓を設け、さらに広がりをもたせています。

外部と繋がる玄関ホール

玄関の三和土部分とホールは同材の床タイルを採用し、一体感を演出。ホールには壁とフラットで仕上げた造作の収納スペース、そして反対側には玄関アプローチが見える地窓を設置、さらに 蹴込みのない階段によってすっきりとした明るく開放的な玄関ホールになっています。

バルコニーが奥行きをもたらす

1階には浴室と寝室を配置。道路より高い位置である上 張り出したバルコニーのおかげでプライバシーもしっかり確保されています。上階のバルコニーが庇の役割をしてくれるので日射しも調整され、落ち着いた雰囲気のプライベート空間になりました。同時に室内に広がりも生まれます。

たくさんの開口から外部環境を取り入れる

階段を上がって2階を見てみましょう。浮遊感あふれる開放的なLDK空間。南東方向に設置した大きな開口を介して隣の神社の緑や遠くまで続く街並に視線が抜けていきます。階段ホールともガラス板で仕切っているのでさらに広がりを感じさせますね。

ロフトのあるLDK

オープンなキッチンは白で統一したモダンなデザイン。家具やウッドフロアそして天井に取り入れたブラウン系の素材が引き立ちます。リビング背後にもキッチンと同様のデザインで収納を設け、エアコンも埋蔵することですっきりとしたインテリアにまとまっていますね。リビングエリアは吹抜けになっており、緩やかな領域を形成。ロフト空間とも繋がる立体的な広がりを持つLDKです。

内部空間の延長としての多目的に使えるバルコニー

軸を振った壁面によって変化を持たせたリビングは、高窓や横長窓からも明るい光を確保しています。張り出したバルコニーの手摺壁は南側のみガラスにすることでリビングからの眺めにも配慮しています。ゆったりとしたプライベートな外部空間、多目的に使えそうですよね。

立体的な広がりをもたらすロフトスペース

ロフト空間はあえて鉄骨の構造体を剥き出しに。スタイリッシュな雰囲気にインダストリアルなテイストを加えた多目的に使える空間です。吹抜けを介してLDKとも繋がりつつも、木板を貼った勾配天井によって籠もり感も感じられる独立したスペースでもあります。

外部環境を取り入れるための工夫されたデザイン、皆さんはどう思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!