F-WHITE: 山本卓郎建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

開放感を生み出し心地良い暮らしを可能にする中庭「F-WHITE」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

庭と言うと、太陽の光を浴び、外の風を感じられる場所。それは心地良い生活に必要なものと言えるでしょう。でも庭付きの家を建てることは簡単ではありません。開放感が得られる庭にするには、大きな敷地が必要となってしまいます。そうなってしまうと家に利用できる空間が減らすことになり、家は狭くなってしまいます。そこで紹介したいのは山本卓郎建築設計事務所が手がけた家。建てられた家「F-WHITE」では敷地を有効に使った開放的な空間を実現しています。

シンプルな建物の外観

敷地があるのは千葉県の柏市。家が建てられたのは典型的な住宅地で、周りには多くの建物が建ち並んでいます。そんな場所でミニマルな外観の本住宅は人目を引くでしょう。平屋建ての建物の外観は箱のような形になっています。白色の外壁の上に見えるのは同じくミニマルな印象を感じさせる玄関や窓。それ以外には装飾などなくシンプルになっています。また建物、玄関、窓の形が同じような形にまとめられているため、一体感を持ったデザインであることに気付かされるでしょう。

中庭を備えた家

外観を見ると、ただシンプルな四角の形の住宅だと感じるかもしれません。ですが本住宅はただシンプルな建物ではないのです。建物内には外からは見えない特別な空間があります。それは家の内部に設けられた中庭。長方形の形をした中庭が家の中心部に配置されています。もちろん外から見えるものではないため、そこはプライバシーを守ることができる私的な空間となります。そして外からの視線を気にせずにくつろぐことができるのです。

明るく暖かな屋内空間

家の中に広がるのは明るく暖かな雰囲気を感じさせる空間。壁の大部分は白色にまとめられており、家の中でも明るさを感じさせます。そんな空間にアクセントを加えるのは木の床や天井。淡い茶色で覆われた天井と床は暖かな雰囲気を付け加えています。このように家の内部に感じられるのは明るさと暖かさ。それは心地良い暮らしを可能にしてくれるでしょう。

天井の無い部屋となる中庭

家の中心部にある中庭ですが、それは床と同じ高さのウッドデッキで覆われています。家と中庭の間を仕切るのは収納可能なサッシ。それを収納してしまえば、屋内と屋外は一体化します。そのため中庭は天井の無い部屋と言えるかもしれません。それは開放感を感じさせるだけでなく、暖かな太陽の光や新鮮な外の空間を家にもたらすことになります。そして家の心地良さを一層強調してくれるでしょう。

開放感を生み出し、心地良い暮らしを可能にする中庭

本住宅にあるのは住まいに開放感や心地良さををもたらす中庭。ただしそれは家に狭さを感じさせることはありません。それに接する部屋を狭くさせないように斜めに配置されており、空間的な圧迫感を減らすように考えられています。また床と同じ高さのウッドデッキは、中庭が屋内空間の延長だと感じさせてくれるでしょう。こうして中庭は家に狭さを感じさせることなく開放感を生み出し、ここでの心地良い暮らしを可能にしているのです。

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 中庭のある家に住む5つのメリット  

※ 知っておきたい中庭の6つのポイント!   

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀  

募集ページはこちら

中庭のある家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!