haus-gap: 一級建築士事務所hausが手掛けた家です。

周囲の風景を楽しむコンパクトな住まい

JUTO JUTO
Loading admin actions …

コンパクトなのに驚くほど多様な空間が広がる住まいを紹介します。夫婦と犬1匹が暮らすには十分な広さのこの住宅、実際の面積よりも様々な空間シーンが体験できるのは階段を介して設けた「ずれ」による効果のおかげ。色々な角度で異なる風景を眺められる住空間を中心に抜群の動線計画で繋がる住まいを手がけたのは一級建築士事務所HAUSです。

敷地の周囲はマンションや戸建て住宅が建ち並ぶ典型的な住宅地。道路を隔てた土手沿いの木々の風景を取り込むべく、主要な生活空間は2階に配置しています。2つのボリュームがずれた白い外観にフラットに設けられた開口がモダンな印象を与える佇まいがひと際目立ちます。

打ち放しコンクリートの塀で程よく仕切った玄関ポーチは2階のボリュームのずれによって生まれた三角形の庇によって覆われ、抽象的な美しさを見せています。そして木製の玄関ドアが温かな雰囲気を添えています。

玄関は土間仕上げ。変形のフォルムが生み出す奥行きに加え、地窓による広がりと明るさがゆったりとしたエントランスを演出してくれます。様々な色のグラデーションが織り成すウッドフロアのナチュラルな雰囲気がいいでうよね。様々な方角に設置された開口が周囲のイメージを切取り、対話をもたらします。

1階の玄関脇は寝室でしょうか。引き戸を開ければ玄関ホールとフラットで繋がる開放的な居室。天井と壁の間に間接照明を設置し、柔らかな光を演出。造作による棚は収納力もたっぷり。多目的に使えそうですね。

玄関ホールから階段を上がると右手にリビング、そしてさらに数段上がると左手にダイニングキッチンが配置されています。ひとつの空間に収まりながら段差によって程よく区切られた生活空間が変化に富んだ空間体験をもたらしてくれます。眺望に恵まれた敷地ではLDKを2階に配置するのが適している場合も多々あります。「眺望の楽しめるスタイリッシュな住宅」も2階のLDKから景色を楽しめるプランになっています。

ダークな色合いのソファがナチュラルテイストな室内を引き締めてくれています。無駄のないインテリアや設えが外の眺めを楽しんだり、夫婦と犬が一緒に過ごす時間を豊かなものにしてくれそうですね。リビングにいながらも下階や上階の気配を感じられる大らかな住空間です。

リビングとダイニングにはそれぞれ同じ方向に開口を設けていますが、ダイニングの窓のほうが木々に向ってより張り出した位置にあり、高さも異なるので違ったアングルで風景を楽しむことができるんです。視線は開口を介して、そして空間を隔てて遠くへ抜けてゆき、開放感を感じられる生活空間になっています。

キッチンに立つと外の環境がすごく近く感じられますね。オープンなタイプなので作業をしながらリビングやダイニング、そしてロフトとも対話が生まれる開放的なプランなのが、小さな家族にとっては嬉しいですよね。四方に設けられた大小の開口からは明るい光と多様な風景が飛び込んできます。

窓辺にはコンパクトなワークスペースを配置。ちょっとしたスペースの有効利用は小規模な建築面積の住宅には欠かせません。小さくてもあるだけでだいぶ違うこういったスペース是非参考にしたいですよね。上部にはロフトを設けています。

オープンな階段でアプローチするとロストスペースです。小さくても多目的に使え、何よりも空間を立体的に広く見せる効果があります。シンプルな設えでまとめています。

そしてロフトからはルーフバルコニーにアクセス可能。開口を開けると室内空間とも繋がり、広がりをもたらしてくれるこの外部空間では、さらに異なる周囲の風景を楽しむことができ、コンパクトながらも豊かで変化に富んだ住まいになっています。

様々な外の風景が楽しめるコンパクトな住まい、いかがでしたか?皆さんの意見も聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!