見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

都市型コンパクト住宅

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

居住地のアクセシビリティを絶対条件から省くことができない場合、住宅を建築する際にジレンマに陥ることが多いでしょう。 都心に住宅を建てたいけれど建築費用が負担になる、都心から離れた場所を物色すると交通条件が良くない… 。 こんな時は思い切って違う形のベストを見つけましょう。本日紹介する住宅は、現実と理想の間で悩むあなたにぴったりの都市型コンパクト住宅。韓国の建築事務所ホームスタイルトートが都市における家庭をモットーに、コンパクトな構造で設計した住宅です。極端な狭小住宅とは異なり、ある程度の余白が取られています。敷地面積50坪に床面積29坪というサイズを無駄なく利用する効率的な構造で、家族みんなのための居心地の良い空間を作り出しました。外部には庭と家庭菜園、駐車場も備えた都市型コンパクト住宅。現実的な方法で都市部に家を持つ、その参考になるかもしれません。

モダンな外観

주택설계전문 디자인그룹 홈스타일토토が手掛けた家

住宅正面には余白を残し、そこに芝生の庭と駐車場を作りました。 玄関から直接接続されている右側には芝生を、側面に接続されている部分には、余裕をもって駐車できるスペースを保ちレンガを敷いて駐車場としました。塀の代わりに設置されたシンプルなラインの黒いフェンスは、開放的でモダンな住宅外観を演出します。視線を遮らないので屋外空間をさらに広く感じることができます。

都市のロマンチック… 家庭菜園

敷地内に入ると小さな家庭菜園があります。 小さな菜園と向き合う縁側は、ここで楽しむ余暇のために住宅外壁に特別に製作したもの。 作業途中に休憩を取ったり、土や野菜のにおいを嗅ぎながら日差しを楽しむには最適の場所です。 都心生活では満喫するのが難しいエコフレンドリーな生活こそ、この住宅の生活が与える最大の利点かもしれません。

天井が高いリビング

コンパクトな小型住宅はリビングルームをどのようにデザインするかによってその価値が変わります。 面積に応じた限界や、経済的な理由だけにこだわれば必然的に狭いスペースにとどまってしまいます。しかし建築家は、快適な居住空間を作るために、攻めたデザインと空間レイアウトで居心地の良いリビングルームを作ることに挑戦しました。この住宅はリビングルームとキッチンを一緒に配置して効率を高め、家族が一緒にいられる空間としました。隣家との間隔が狭い都市部ですが、リビングルームは果敢にも全面的に開口部を取り、さらに天井を高く設計しました。こうすることで実際の面積よりも広く見え、息苦しさや圧迫感無く快適に過ごすことができるインテリアとなったのです。

家族全員が集まる空間

対面式カウンターを活用して、キッチンとリビングルームの境界に新しい家族空間を作り出しました。カウンターを中心に床座スペースを製作してリビングルームを拡張すると同時に、子供たちは家事に取り組む両親と一緒に遊ぶことができるエリアとなりました。料理や読書、リラックス、遊びなどすべてのことが可能な空間なので、家族全員がそれぞれ他の作業をしていても一緒にいることができるという、家族の調和の場所です。

子供の成長に応じて変化する部屋

주택설계전문 디자인그룹 홈스타일토토が手掛けた子供部屋
주택설계전문 디자인그룹 홈스타일토토

큰방을 나누어 쓰는 아이들방

주택설계전문 디자인그룹 홈스타일토토

住宅を建築する際には家族の変化も考慮する必要があります。青壮年層は老後のライフスタイルを想像して動線やレイアウトを考慮する。そうすることで長く、終の住処として住むことができる家となります。 同様に子供が既に存在するか、計画している場合にはその子供が成長するという事実も忘れてはいけません。幼い兄弟姉妹は一緒に遊び一緒に眠ることを望みますが、成長するに従い個人のスペースが必要となり、お互いのプライバシーを尊重するようになります。子供の心理発達過程に合わせたこの部屋は、現在はアーチ型のドアを介して一つに接続されていますが、子供たちが成長した後は二つの部屋に区分される予定です。

木製の階段

주택설계전문 디자인그룹 홈스타일토토が手掛けた廊下 & 玄関
주택설계전문 디자인그룹 홈스타일토토

부부침실에서 1층으로 내려가는 계단

주택설계전문 디자인그룹 홈스타일토토

暖かい日差しが差し込む南側には、2階へつながる階段があります。 階段に沿って両側に壁があり、その幅の狭さによって安定感を生みました。 薄いベージュの木製階段を白い壁が覆うように設計されて、温かく優しい雰囲気を演出しています。角度がついた部分には窓を設置して採光も確保。 コンパクトな構成の階段ですが閉鎖的な感じはなく、リラックスした静かさを感じます。

三つの役割をする夫婦の寝室

2階には書斎やドレスルームを兼ねた夫婦の寝室があります。 階段の出入り口に設置した手すり部分は、両側を本棚としてスペースを効率的に活用しています。 全体はナチュラルさが引き立つフローリングとさわやかな黄緑色の壁、そして淡い水色の天井がマッチした、穏やかながら生き生きとしたフレッシュ感もある空間です。本棚の体積は大きいですが、薄くシンプルなフレーム構成とライトベージュで製作したことで軽やかな仕上がりに。 3つの役割を持ったスペースでも、複雑さや重さのない自然なインテリアが完成しました。

コンパクトで機能的、そして快適な都市型住宅いかがでしたか?ぜひ感想を教えて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!