homify 360°: 創造性を刺激する「カマクラのイエ」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

住まいはそこでの生活に大きな影響を与えるでしょう。機能的な家であれば、機能的な生活を可能にします。心地良い空間のある家であれば、心地良い生活を可能にするでしょう。そこで紹介したいのは創造性を刺激する家です。白子秀隆建築設計事務所が手がけた「カマクラのイエ」では、心地良さの中に創造性を刺激するような空間を実現しています。

恵まれた環境に建つ家

家の敷地があるのは神奈川県の鎌倉市。建物は緩やかな斜面に家が並ぶ住宅街の一角にあります。家と家の間に見えるのは木々などの植物。そして周辺からは都会の喧騒から離れた穏やかな雰囲気が感じられるでしょう。また敷地の周りだけでなく家の敷地にも八重桜が植えられているなど、環境はとても恵まれています。建てられた家もそんな周りの環境を反映するような落ち着いたものになりました。

シンプルな外観

建物の外観は周りの風景に溶け込むようなシンプルなものになっています。箱型の形の家に三角の屋根。外壁は独特な風合いを持った黒銀の金属版で覆われています。そんな外壁の上に見えるのは幾つかの窓。それ以外に建物に装飾など目立つものは無いため一層シンプルな建物に見えます。そして家が周りの風景を大きく変えることのない景観に溶け込む家であることがわかるでしょう。

明るく暖かな雰囲気を持った内部空間

そんな建物の中に広がるのは木の素材感を活かした暖かな空間。1階の部屋には白い壁が広がっており、そこにアクセントを与えるような木の床や階段が見えます。ナチュラルな木の色が生み出すのは穏やかな雰囲気。そんな空間には暖かな陽の光が射し込みます。部屋には階段がありますが、その2階部分に窓があり、階段は吹き抜けのように上からの光を下の階へともたらします。そのため階段のある部屋には外からの光を多く取り込む明るい空間になっています。

個性とシンプルさを兼ね備えた空間

2階に広がるのは木の暖かみを感じられる空間。床、壁、天井は無塗装のラワン合板に覆われています。合板は派手さや特徴を持たず、とてもシンプルな素材と言えますが、それが空間を覆うように敷き詰められると存在感を感じさせます。そして木の素材が持つ暖かさを体全体で感じることができるでしょう。このように建物はシンプルでありながらも、それだけに留まらない空間が広がっているのです。

創作活動を刺激する心地良く美しい空間

本住宅に設計を依頼したクライアントは様々な創作活動を行っています。そのため家の中にあるのは創作のためのスペース。ただしそれだけが創作に関わるのではありません。ここで考えられているのは創作活動が生活から切り離されたものではなく、日常生活の全ての創作行為に関わっていること。「住む為のイエというより、すべての創作活動の受け皿になる「器」をつくりたいと考えた」と建築家が語るように、家そのものが創作活動を刺激してくれるような心地良く美しい空間となっているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?是非コメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!