パノラマビューを楽しむポルトガルのモダンハウス

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

ギマランイスはポルトガル北西部にある都市。ポルトガル王国発祥の地とも呼ばれる古い歴史を持っており、旧市街は2001年に世界遺産に登録されました。そんなギマランイスに3H Architectsによって建てられたのは、壮大な山並みを臨むパノラマビューとプールのあるモダンな住宅。さっそく見ていきましょう!

外観

外観はボックスを重ねたような形状の三階建てです。クリーンなラインを持つモダンな白いボックスと、対照的な石造りのラスティックな一階部分の組み合わせが印象的です。

​住宅裏手

裏手から見ると地形をそのまま生かした高低差のある構成であることが分かります。今見えているのは建物三階部分ですが整えられた芝生の庭とつながっています。地形に沿うことで上階でも自然とつながり、身近に触れることができるという利点が生まれます。芝生の庭には建物の形状とも共通する長方形の敷石が置かれ、視線と動線を導きます。そして建物の奥にちらりと覗いているのがプールです!さっそく見に行きましょう。

プールエリア

ギマランイスの素晴らしい景色を視界を遮られることなく楽しむことができるプライベートプールです!ウッドデッキでは日光浴や泳ぎ疲れた後の一休みに。なだらかな山の稜線と大きく広がる真っ青な空に気持ちも解放されそうですね。建物とデッキ、そしてプールが直線的に構成されたモダンなプールエリアです。

廊下

長い廊下は、規則的に取られた細長い開口部からの光が印象的な空間を演出しています。差し込む暖かな自然光だけでなく、プール水面に反射した光も天井に揺らめいて幻想的な雰囲気を作り出しています。この開口部はまた外観にもリズミカルな視覚効果を与えています。

リビングルーム

リビングルームはとても広々とした空間。天井高は普通でも、各方角に大きく取られた開口部から燦々と自然光が差し込み、明るく開放感を感じさせます。フローリングの木材に合わせたテレビ台や植木鉢、コーヒーテーブルなどで統一感のある仕上がり。ソファやカーテンもライトベージュを選んで、全体が穏やかで優しい印象のインテリアとなっています。左右対称に配置した観葉植物もポイント。カーテンは丈ぴったりでドレープの少ないデザインによってミニマルですっきりとした窓辺に。プライバシーもしっかり確保しています。

キッチン

木材と白の組み合わせが爽やかで快適なキッチンです。冷蔵庫が組み込まれた壁面収納は床から天井まで全面を利用した大きさですが、温かみを感じさせる木材を使用しているため圧迫感がありません。業務用サイズ並のステンレスの大きな冷蔵庫もすんなり空間に馴染んでいます。アイランドキッチンの収納も同様に木材パネルを使用することで全体が統一感のあるインテリアとなっています。白いカウンターとキャビネットが光を拡散させて、明るさと清潔感をプラスしています。

バスルーム

バスルームは天窓と大きな鏡が印象的な空間です。十分な面積がありますが、さらにこの巨大な鏡によって空間が二倍にも見える非常に広々としたバスルームです。木製の床と大理石の壁はとても魅力的な組み合わせで、空間をモダンに演出し居心地の良さと上品さを感じさせます。さらに天窓から差し込む光によってドラマチックさも追加。

ベッドルーム

ベッドルームはフローリング以外を白でまとめたミニマルなインテリアです。ここでもキッチン同様壁面収納を利用して、すっきり広々とした空間を維持しています。壁面収納は小さなベッドルームものためにも良い戦略。壁と天井の隙間に組み込んだ照明によって、ふんわりとした優しい光が満ちるリラックスできるベッドルームです。

夜景

夜間は屋内と屋外の照明によって昼間の外観とは印象ががらりと変わります。水中に設置した照明がプールを暗闇に浮かび上がらせて一種幻想的な佇まいとなります。建物は、大きく開かれた部分と細長いスリット窓の組み合わせがメリハリを生み、モダンで美しい表情に。ロマンチックな夜を過ごすのに最高のシチュエーションです!

パノラマビューとプールのあるモダンな家、いかがでしたか?ぜひ感想を教えて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!