開放感を感じさせるウッドデッキ: 小笠原建築研究室が手掛けた一戸建て住宅です。

homify 360°: 生活を楽しめる「ウッドデッキの家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家は様々な役割を持っています。それが果たすのは生活の拠点です。ですが、ただ日々の暮らしを送るだけの場所ではないでしょう。そこは趣味を楽しむ場所になるように、日々の暮らしを楽しむための空間にもなるのです。そこで紹介したいのは生活を楽しむことができる家です。小笠原建築研究室が手がけたのは「ウッドデッキの家」。そこでは生活を楽しめるような特別を空間を実現しています。

和の趣を感じさせる外観

和の趣を感じさせる外観
: 小笠原建築研究室が手掛けた一戸建て住宅です。
小笠原建築研究室

和の趣を感じさせる外観


小笠原建築研究室

建物が建てられたのは兵庫県の姫路市。敷地は古い民家と新しい住宅地が入り混じるところにあります。そんな場所で本住宅は周辺の環境に馴染むような外観に見えるでしょう。木造2階建ての建物は高さを抑えてあるため周辺の住宅と調和を感じさせます。玄関にあるのは深い軒下空間。建物には伝統的な木造建築の構成を取り入れており、至る所で和の趣を感じさせてくれます。

開放感を感じさせるウッドデッキ

開放感を感じさせるウッドデッキ: 小笠原建築研究室が手掛けた一戸建て住宅です。
小笠原建築研究室

開放感を感じさせるウッドデッキ

小笠原建築研究室

木造2階建てで住宅部分の他に車庫となる離れがあります。そんな2棟の建物を結ぶのは大きなウッドデッキ。リビングルームの前に設けられたデッキは庭の一部を覆うように広がっており、家の横にある離れと繋がっています。そこに出れば感じられるのは暖かい陽の光と外の風。家の内側でも外側でもない中間的な場所として開放感を感じさせてくれます。そして離れにも繋がる大きなデッキは圧倒的な開放感をもたらしてくれます。

明るく暖かな雰囲気を持つ室内空間

明るく暖かな雰囲気を持つ家族の集う場所: 小笠原建築研究室が手掛けたダイニングです。
小笠原建築研究室

明るく暖かな雰囲気を持つ家族の集う場所

小笠原建築研究室

家の中に広がるのは暖かな雰囲気を持った空間。柱、床、天井などは木で作られており、家の中はナチュラルな木の色に覆われています。そんな空間を一層暖かにするのは家の中に射し込む太陽の光。リビングルームとウッドデッキの間には大きな窓が設けられており、大きく開け放つことができます。そして暖かな太陽の光を可能な限り取り込むことができるのです。このような空間では心地良さを感じることができるでしょう。

趣味を楽しむことができる離れ

趣味を楽しむことができる離れ: 小笠原建築研究室が手掛けたガレージ車庫です。
小笠原建築研究室

趣味を楽しむことができる離れ

小笠原建築研究室

今回家を設計を依頼したクライアントが求めていたのはウッドデッキと趣味の空間のある木の家でした。そんな趣味の空間となるのは離れです。そこは車庫も兼ねていますが、ただ車やバイクを停めるだけの場所に留まりません。リビングルームと同様、デッキに接する部分には大きなガラス窓があり、外からの光を取り込むことができます。窓を収納すれば風通しも良くなるため、明るく開放的な空間となります。クライアントの趣味は車、バイク、アウトドア、日曜大工などですが、居心地の良い離れでは趣味に没頭することができます。

生活の中で趣味を楽しめる家

本住宅にあるのは趣味が楽しめる空間。それは離れと住まいがウッドデッキで繋げられているように、趣味の空間と生活空間は隔てられることなく一緒になっています。そのため生活の中で趣味を楽しむことができます。そしてふんだんに木を使い開放的なデッキを備えた家は心地良い生活も可能にしてくれます。このような心地良く生活を楽しめる家では、他の家は得られないような生活を送ることができるでしょう。

ウッドデッキのある趣味を楽しめる家はどうですか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!