富士宮の家: CASE DESIGN STUDIOが手掛けたダイニングです。

homify 360°: 2つの庭が生み出す心地良い住まい「富士宮の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家と言えば、生活の中心となる場所です。そこが落ち着けない場所なら、日々の生活を気持ち良く送ることができません。もし家が落ち着ける場所であれば、生活は素晴らしいものになるでしょう。そこで今回紹介するのは、おおらかな生活を送れる家です。それを手がけたのは建築事務所CASE DESIGN STUDIO。建てられた「富士宮の家」では庭を活用して開放感を感じられる空間を生み出しています。

公園の横に建つ家

富士宮の家: CASE DESIGN STUDIOが手掛けた家です。
CASE DESIGN STUDIO

富士宮の家

CASE DESIGN STUDIO

家の敷地があるのは富士山の近くにある静岡県の富士宮市。それは多くの家が建ち並ぶ住宅地の一角にあります。敷地は住宅地にあるのですが、周りにあるのは住宅ばかりではありません。家の東側に公園があり、敷地からはそこに植えられた木々が見えます。そのため周りを家に囲まれず、ゆとりある空間になっています。そこで今回はこの恵まれた立地を活かした家を建てることが考えられました。

2つの庭に挟まれた家

富士宮の家: CASE DESIGN STUDIOが手掛けた家です。
CASE DESIGN STUDIO

富士宮の家

CASE DESIGN STUDIO

敷地は東側に公園、西側に通りがある細長い敷地。そこで公園側に庭を、通り側には前庭を設けて、家は2つの庭に挟まれる形になっています。建物は木造平屋建てで遠くから見ると箱型の空間が集まっているように見えるでしょう。白色にまとめられた外壁の上に見えるのは大きな窓や玄関の扉など。それ以外で目に付くものはなく、外観はとてもシンプルな印象を与えます

風や光が通り抜ける空間

富士宮の家: CASE DESIGN STUDIOが手掛けたダイニングです。
CASE DESIGN STUDIO

富士宮の家

CASE DESIGN STUDIO

建物の内部に広がるのは開放的な空間。庭と庭に挟まれた家ですが、家を挟んで庭からもう1つの庭が見えるようになっています。その間には玄関、客間、ダイニングルーム、リビングルームがありますが、各部屋を隔てる壁がありません。そのため玄関の扉と窓を開ければ、家の中を風や光が通り抜けることになるのです。もちろん、それは圧倒的な開放感を感じさせてくれるでしょう。

外からの視線を気にする必要のない住まい

富士宮の家: CASE DESIGN STUDIOが手掛けた家です。
CASE DESIGN STUDIO

富士宮の家

CASE DESIGN STUDIO

家には2つの庭がありますが、公園側の庭は特別なものになっています。家の中から庭を眺めると見えるのは庭に広がる池、木々や草花、公園に植えられた大きな木々など。そして公園の様子が見えないことに気付かされるでしょう。ここでは庭の背後に植物を植えた斜面を築いています。そのため公園から家の中を見ることはできません。家の中からは外からの視線を気にすることなく、開放的な空間を楽しむことができるのです。

気持ちの良い生活を可能にする家

富士宮の家: CASE DESIGN STUDIOが手掛けた家です。
CASE DESIGN STUDIO

富士宮の家

CASE DESIGN STUDIO

天井の高いリビングルームにあるは大きなガラス窓。それは庭の風景を取り込み、落ち着いた空間を作り出しています。もちろん外からの視線でプライベートな空間を脅かされることもありません。そして光や風が部屋を通り抜ける開放感も感じることができるのです。このような住まいが生み出すのは心地良い空間。もちろん、それはおおらかなで気持ちの良い生活を可能にしてくれるでしょう。

撮影:CASE DESIGN STUDIO

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!