岡崎宇頭の家: 株式会社タバタ設計が手掛けた家です。

大屋根の下に広がる家族の空間

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

現代生活で大きな問題となるのは多忙な生活です。会社や学校、そして塾などで多くの時間を過ごすことになり、家に変えるのは食事と眠るためという人もいるでしょう。そのため家族の顔を合わせる機会がない人も少なくないかもしれません。そこで紹介したいのは家族の繋がりを感じられる家です。そんな家を手がけたのは株式会社タバタ設計。建てられた家では簡単に家族が顔を合わせられたり、気配が感じられるような空間を実現させています。

強い個性を感じさせる外観

今回家が建てられたのは愛知県の岡崎市。それは多くの家が建ち並ぶ一角に建てられました。本住宅は多くの家の中でとりわけ強い印象を与えるでしょう。それは木造2階建ての家で、大きな屋根が特徴となっています。屋根は非常に大きく、2階部分は屋根に取り込まれているほど。そのため一見すると平屋建てのように見えるかもしれません。このような特別な外観のため建物は強い個性を持ち、人目を引き付けるのです。

屋根と対照的な形を生み出す玄関

家の中に入る際に目に付くのは個性的な建物の正面部分、ファサードです。そこには玄関部分を覆い隠すように、6枚の板が横に張られています。屋根の形は正面からみると遠近感のために台形に見えます。一方、玄関の前では板が逆台形の形で張られています。そして対照的な形が生み出されているのです。このようなファサードは強い印象を与えてくれるでしょう。もちろん、それは玄関を開けても中が見えないようにする目隠しにもなり、プライバシーも守ってくれるのです。

木の存在感を感じさせる空間

家の中に広がるのは暖かな雰囲気を持った空間です。床には明るい茶色のフローリングが広がります。ですが、それだけでなく壁の大部分にも明るい色の木材が使われており、家の中に軽やかな印象が生まれています。また階段の段板、そして家に合わせて作られた本棚にも木材が使われており、家の中では至る所で木の存在を感じることになります。このような空間では自然素材の木が持つ暖かな雰囲気を強く感じられるでしょう。

建具を収納して一体化できる空間

家の1階となるのはリビング、ダイニング、キッチンが集まったLDK。それは階段のある多目的ホールに隣接しています。その2つの空間の間には建具がありますが、それを収納してしまうと1つに一体化します。また、そればかりでなく多目的室は和室にも隣接しています。その間にも同様に建具があり、収納でき、空間を一体化できるのです。そのため、1階の大部分は1つの空間となり、たとえ家族が離れたところにいても、その姿を見ることができるでしょう。そして家族の繋がりを意識することができるのです。

空間の繋がりが生み出す家族の繋がり

家の1階は1つの空間になりますが、それは1階だけに限られるわけではありません。階段のある多目的ホールは大きな吹き抜けとなっており、空間の繋がりは2階まで広がっているのです。そのため家族が2階にいても、物音などでその気配を感じられます。そして姿が見えなくても、家族の繋がりを感じられるのです。このように本住宅では空間の繋がりを生み出して、家族の繋がりを強く感じられるようになっているのです。こんな家であれば、家族のすれ違いなど起きず、家族仲良く暮らせるに違いありません。

家族のための家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!