見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

homify 360°: 郊外の環境を活かした家「彦崎の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

郊外に家を建てるとしたら、それは住宅地に建つ家とは異なるものになるでしょう。周りに広がるのはのどかな風景。そして身近に自然を感じることができます。また隣の家や通りからの視線を気にする必要もありません。今回取り上げたいのは、そんな郊外に建つ家。ARTBOX建築工房一級建築士事務所が手がけた、周囲の環境を活かした「彦崎の家」を紹介することにします。

郊外に建つ家

本住宅の敷地があるのは岡山県の山間部にほど近い場所。住宅地であれば、すぐ横に隣の家が迫っていますが、ここでは周りの家が遠くに見えます。そのため外からの視線を気にする必要もなければ、圧迫感を感じることもありません。建ち並ぶ家々の代わりに、ここで見ることができるのは山々や田畑。そこで今回はこのような美しい周辺環境を活かした家を建てることが考えられました。

外の風景を取り込む窓

田畑の間に建つのは木造2階建ての建物。その構造はL字型になっており、山に向かって開くような形になっています。山側には広がるのは自然の風景。そんな眺めを取り込むように大きな窓が取り付けられています。特に目を引くのは1階に見える大きな窓。その前には木のデッキ空間があり、気軽に外に出られるようになっています。このような外観の家からは、周辺環境を活かした家であることがわかるでしょう。

明るく暖かな室内空間

家の中に広がるのは暖かさを感じさせる空間。床や壁には多くの木が使われており、そのナチュラルな木の色は心地良さを感じさせてくれます。そんな空間を満たすのは暖かな陽の光。山側には大きな窓が取り付けられており、外からの光を取り込むことができます。特に1階部分の幅のある大きな窓は、窓辺に広がるリビングルームを明るく暖かな空間に演出してくれるでしょう。

吹抜けが感じさせる広がり

家の中から窓越しに見えるのは緑の美しい風景。大きな窓は外の風景をまるでリビングルームの一部のように感じさせてくれます。そして家が外へと広がっていくような錯覚さえ感じさせてくれるでしょう。ここでは開放感を感じられますが、それは視覚的なものだけではありません。リビングルームは吹き抜けとなっており、天井が高くなっています。実際に感じられる空間的な広がり。このようにここでは圧倒的な開放感を得ることができるのです。

圧倒的な広がりが感じられる家

本住宅で考えられたのは郊外の立地を活かすこと。魅力的な外側の周辺環境を家の内側へと取り込むために、大型の窓など大きな開口部があります。そんな外の風景を楽しむ空間に設けられたのは吹抜け。それはくつろぎと開放感を生み出してくれます。このような内と外に生まれた圧倒的な広がりは、ここのでの生活を心地良いものにしてくれることでしょう。

郊外の家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!