どんな照明がこのインテリアに合う?

Shoko Shoko
Loading admin actions …

自分好みのインテリアで配置をしてみた。でもいざ照明を選ぼうとする時、果たしてどんなものをチョイスすればいいのか悩みどころではありませんか?照明一つで、空間の雰囲気はとても変わっていきます。時に幻想的に、時にロマンチックに… 未知なる空間をつくりだしてくれます。そんな重要な役割を持つ照明について、今回はインテリアとどのように合わせればいいのか、いくつかのアイデアを紹介していきます。これから照明に対する見方が変わってくるかもしれませんよ!

アンティークにモダンをプラス

フィラメントLED電球「Siphon」  Filament LED bulb "Siphon": Only Oneが手掛けたリビングルームです。
Only One

フィラメントLED電球「Siphon」 Filament LED bulb Siphon

Only One

こちらはアンティークな空間に、あえてモダンな照明を取り入れ新鮮な雰囲気を演出しています。「昔ながらの電球の美しさ」×「LED電球の性能」を追求し、フィラメント電球の外観と光り方を忠実に再現したLED電球。”照らすだけではなく、生活に彩りを与え、楽しみや喜びをもたらすような照明を届けたい”というのは、こちらを手掛けた愛知県を中心に活動するOnly One。帰宅してもオシャレな空間に包まれると、なんだか嬉しい気分になれそうですね。

空間の雰囲気に合うものを選ぶ

レンガや石に包まれるこちらの寝室。洞窟の中にでも迷い込んだかのような不思議な感覚が味わえますね。真ん中にぶら下がる照明は、まるで白い石の中から光が溢れるようで、寝室全体の雰囲気を崩さないどころかより上質な空間につくりあげているようです。この寝室には、この照明がなくてはならない存在に。きっちりとまとめないところが、リラックスをしてくつろげるポイントの一つですね。

インテリアのスタイルに合わせる

若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue: SHUSAKU MATSUDA & ASSOCIATES, ARCHITECTSが手掛けたキッチンです。
SHUSAKU MATSUDA & ASSOCIATES, ARCHITECTS

若竹ビル の シェアオフィス | coworking space in 5th Avenue

SHUSAKU MATSUDA & ASSOCIATES, ARCHITECTS

ホワイトの空間に、すっきりとしたシンプルなインテリアで仕上がったこちらの空間。それに合う照明とは、空間に溶け込み且つ温かみをもたらしてくれるものが良いですね。大分県を中心に活動するSHUSAKU MATSUDA & ASSOCIATES, ARCHITECTSはインテリアのスタイルに合わせた、上から垂れるスタイリッシュな照明を選びました。光が近くにあることで明るく温かみが感じられますね!

飾りすぎないこと

ゴージャスなお部屋にはシャンデリアが用いられることが多いですが、こちらはカジュアルなシャンデリア風ライトとなっています。壁紙やベッド、絨毯には模様のあるもので仕上げゴージャス感を出していますが、それ以外は”抑える”ということもポイント。飾りすぎるとごちゃごちゃになってしまうので、全体を見ながらレイアウトしていくといいですね。

インテリアの形に合わせる

丸いテーブルを照らすのは、同じく丸い形の照明。インテリアの形を合わせるだけで、モダンでオシャレな雰囲気に早変わり。こちらを手がけたのは、神奈川県を中心に活動する新井アトリエ一級建築士事務所。窓や障子は四角なのに対して、奥に置かれる照明も丸いものをチョイスすることによって遊び心のあるリビングルームになりました。

照明で空間を包む

nagel + braunagelが手掛けたリビング
nagel + braunagel

Haus1, Wohnbereich

nagel + braunagel

角張ったソファの色と形とマッチした照明が、上から顔をのぞかせるよう。天井を囲うように設けられた小さな照明も可愛らしく、隅々にまで光が届くように考慮されていますね。こちらはドイツの建築家によって手掛けられた空間。楽器を使って皆でワイワイと、明るく楽しいリビングルームに仕上がりました。

どちらの照明のアイデアが気に入りましたか?コメントをお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!