Jukkaie / ジュッカイエ: 株式会社POINTが手掛けた家です。

homify 360°: 小さな家で感じる開放感「Jukkaie / ジュッカイエ」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家を建てる際に頭を悩ませるのは敷地の広さ。都心部では土地の価格が高いため、広い敷地を確保することは簡単ではありません。もちろん狭い土地では家の大きさも限られることになり、開放感が損なわれしまうでしょう。都心部では心地良い家を建てることは簡単ではないのです。そこで紹介したいのは株式会社POINTが手がけた家「Jukkaie / ジュッカイエ」。狭い敷地に建つ家には、心地良い生活が送れる空間が広がっています。

建坪8坪の家

本住宅の敷地は東京の住宅地の一角にあります。周辺に広がるのは典型的な都心部の風景。周りには多くの家がひしめくように建ち並んでいます。今回建てられる家も例外ではなく、狭い敷地に建てられることになりました。そんな家の建築面積は27.13平方メートル、建坪で言えば8坪という狭小の住宅になります。もちろん、ここに普通の家を建てるのは簡単ではありません。そこで建物の狭さを感じさせないような特別な家が考えられました。

印象的な建物の外観

このような建物の外観はとても個性的なもの。地下空間を備えた木造2階建ての建物の前には短い階段があり、建物が全体的に持ち上げられていることがわかるでしょう。少し高い位置にある1階部分にあるのはベランダ。その形は一方が長く、その反対側は短くなっているため、三角形になっています。屋根もそれに合わせた形になっており、片側が高くなっており、三角形になっています。外観に見える2つの三角形は強いインパクトを与え、人目を引きつけることでしょう

明るく気持ちの良い空間

このような建物の内部に広がるのは暖かな空間。壁は白色にまとめられており、明るく清潔感の感じられる空間になっています。そこにアクセントを加えるのは、木で作られた床、階段、そして天井の梁。ナチュラルな色合いの木は暖かな雰囲気を生み出し、白色の壁と共に心地良さを演出します。また様々な位置に設けられた窓から暖かな陽の光が注ぎ込み、明るく気持ちの良い空間になっているのです。

圧迫感を感じさせないような空間構成

狭い敷地に建てられた本住宅ですが、それを感じさせないような工夫が家の構造で考えられています。それは部屋同士に壁を設けないようした空間構成。家に付けられた名前は「ジュッカイエ」ですが、その名の通り家の中には10のフロアがあります。そんなフロアは階段によって緩やかに繋げられています。そのため家の中で部屋同士を区切る壁をほとんど見ることはありません。そして壁が感じさせる圧迫感を排除して、開放感を得られるようになっているのです。

本住宅で考えられたのは、狭い敷地に建つ家で広がりを感じられる空間を生み出すこと。そのために壁を排除して、各部屋に繋がりを生み出しています。ですが、こうした緩やかな繋がりは開放感を生み出すだけではありません。各部屋を貫く螺旋階段を設けて個性的な空間を作り出しています。そして螺旋階段を通じて、上のフロアの明かりを下のフロアへともたらし、家の中をより一層明るくするのです。このような家では、たとえ狭い敷地であっても、圧迫感を感じることなく心地良い生活を送ることができるでしょう

わずか8坪の狭小住宅について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!