お茶室のある夫婦二人のための家
鞘ヶ谷の家: 柳瀬真澄建築設計工房 Masumi Yanase Architect Officeが手掛けた家です。

お茶室のある夫婦二人のための家

お茶室のある夫婦二人のための家

JUTO JUTO
JUTO JUTO
Loading admin actions …

夫婦二人のためのゆったりとした平屋の住宅を紹介します。普段は多忙な夫婦ですが、趣味の部屋や本格的な茶室など生活を楽しむ空間を充実させた住まいは、開放的なLDKを中心に大らかな屋根が架かり、和モダンなテイストがあちこちに散りばめられた素敵な平屋住宅です。手がけたのは柳瀬真澄建築設計工房。さっそく一緒に見ていきましょう。

上品な色調の外観

南西の角に位置する敷地の南側道路は西に向って上がり勾配をもつため、高低差を変化のある住空間に生かしています。平屋の安定した形態に加え、砂壁のような落ち着いた上品な色調の外観が、ほっとするような住まいを表現しています。駐車スペースを確保し、建物を道路からセットバックすることで奥行きをもたらすと同時にプライバシーにも配慮したプランになっています。

大らかな屋根が覆うLDK

この写真の右手の壁の反対側が玄関です。木製格子の引き戸で仕切られていますが、開ければワンルーム型のLDKと繋がる開放的な間取りです。木の構造体をあえて見せた天井が力強さや安定感を醸し出し、守られているような安心感を感じますよね。このLDK、北側に配置しているのですが、安定した採光のため落ち着いた雰囲気をもった空間になっています。コーナーの出窓には腰掛けを設けています。遠くに見える海峡を望んだり緑豊かな周辺の環境を眺めたりと多忙な毎日でもゆったりとくつろげそうですよね。漆喰壁の柔らかな質感や木をふんだんに使用した和モダンなテイストに北欧風の温もりを感じさせる家具もぴったりです。

木をふんだんに使った内部空間

リビングから逆を見てみましょう。ダイニングエリアの奥にオープンキッチンを配置しています。木の色調を空間全体で統一し、ソファや椅子をアクセントカラーとして組み合わせたスタイリッシュなLDKです。キッチンの立ち壁にはすっきりとしたデザインで造作収納を設えています。動線的にも無駄のない間取りが空間を最大限に活用できる秘訣です。こちらの「森に佇む理想の終の棲家」でも格子を取り入れたり木張りの天井などで凛とした佇まいを演出しているので是非ご覧下さい。

趣味の部屋のある家

実はダイニングキッチン脇の格子の間仕切りの向こうは入れ子式に設けられた趣味の部屋なんです。左手の玄関も同様の格子で仕切ることが可能。引き込み戸にしてあるのですっきりと収まっています。格子が生み出す緩やかな境界によって空間は繋がりながらも領域が保たれ、それぞれの居場所で各自が作業や趣味に集中できます。

落ち着きを醸し出す和モダンなテイスト

南側の道路に向ってL字型にカウンターを設けています。横長窓から差し込む光は上部の棚の奥行きで調節され柔らかに手元を照らします。さらに格子や天井の化粧梁が織り成す繊細な陰影が落ち着きをもたらす多目的に使える空間、夫婦二人暮らしならではのゆとりある間取りから生まれました。

本格的な茶室を設けた豊かな住まい

南西の角に配置した茶室です。客座の天井を竹の詰め打ちとした本格的な茶室の脇にはもちろん水屋も設けています。LDKや趣味の部屋は一体感のある構成でしたが、こちらの居室は独立した形態なので離れのような感じになっています。隔離された空間は非日常的な時間を感じさせます。

植物がもたらす安らぎ

西側の道路より低い位置にあるので、外界からも隔てられた静寂の広がるしっとりとした和室が生まれました。茶室前には庭をつくり、障子を開けると趣きのある庭の眺めを楽しむことができます。

ずっと住み続けたい平屋の家

夜になると室内の灯りで天井のダイナミックな構造が引き立ちます。自然素材を多く使い、外部環境を程よく取り入れたこの平屋の住宅、忙しい毎日を送る夫婦に安らぎや楽しみをいっぱい与えてくれそうですね。

写真:石井 紀久 Blitz Studio

天然の素材が醸し出す落ち着いた雰囲気の住まい、いかがでしたか?是非感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!