デッキ: ケンチックス一級建築士事務所が手掛けた家です。

homify 360°: 庭がなくても開放感を得られる家「児童公園前住宅」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家にとって重要な場所はどこでしょうか。その1つは庭かもしれません。屋外空間となる庭は生活に開放感をもたらしてくれます。ただし全ての家に庭を設けることはできません。敷地の大きくない家では庭のためのスペースを確保することが難しいのです。では庭無しに開放感の得られる家は無理なのでしょうか。今回紹介したいのはケンチックス一級建築士事務所が手がけた「児童公園前住宅」。それは庭が無いにもかかわらず、広がりが感じられる家となっています。

庭の無い家

今回家が建てられるのは岡山県倉敷市の住宅街の一角。そこには夫婦と子供が住むことになりました。家に求められるのは家族が快適に住むことができる空間。また車が必要となる場所であるため、敷地に駐車場を設けなくてはいけません。そのため家の広さと駐車場を優先することになり、庭を設けることはできませんでした。もちろん、それでは開放感を感じにくい家になってしまいます。そこで本住宅では開放感を得られるような機能が考えられました。

デッキが生み出す広がり

建物の名前の通り、家の南側に児童公園があります。敷地の上に建つのはモダンな家。それは木造2階建ての建物になっており、外壁は黒色にまとめられています。外観から感じられるのはシンプルな印象。ただし建物には人目を引く箇所があります。それは1階部分に取り付けられた白色のデッキスペース。屋根や手すりが取り付けられており、庭の無い家に屋外でくつろぐ場所を生み出しています。このような外観からは、庭が無くても屋外の雰囲気を楽しめる家であることがわかるでしょう。

明るく広い室内空間

建物の内部に広がるのは開放感を感じさせる空間。家の中心には吹き抜けとなったリビングルームがあり、高い天井が開放感を演出してくれます。その横にはあるのはダイニングルーム。2つの空間は壁で隔てられておらず、縦にも横にも広がりを感じさせてくれるでしょう。このような広がりがのある空間を満たすのは窓から射し込む太陽の光。ダイニングルームには外観の大きな特徴となるデッキスペースが設けられており、そこから外の光を最大限に取り込めるようになっています。そのため家の中では明るく開放的な空間を楽しめるのです。

外の風景を取り込む

建物に明かるさと開放感をもたらすデッキ空間ですが、もう1つ重要な役割を果たしています。それは借景と呼ばれる外の風景を取り込むこと。デッキから見える児童公園の眺めを家の一部のように取り込んでいるのです。外の景色を眺めやすくすると、外から家の中が見えやすくなります。ですが、ここではデッキ、リビング、ダイニングを地面から1.4メートルほど持ち上げています。そのため外から覗かれることはなく、通常の1階よりも視線が高くなる浮遊感を生み出しているのです。

庭が無くても開放感の得られる家

本住宅で考えられたのは、庭無しでも心地良さを感じられる家。そのため吹き抜けやデッキによって広がりや明るさを感じられるようになっています。またデッキから見える眺めは公園がまるで家の庭であるかのように感じさせてくれるでしょう。このような家では庭が無くても、圧迫感や居心地の悪さを感じることはありません。きっと開放感を感じながら心地良い生活を送ることができるでしょう。

開放感の得られる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!