LDK: CRAFTONEが手掛けたダイニングです。

築31年のマンションが現代的な空間に「GARRET」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

住宅のリノベーションというと何を思い浮かべるでしょうか。多くの人は一軒家などの一戸建ての建物を思い浮かべるでしょう。ですが、実際にはそれだけがリノベーションの対象になる訳ではありません。中にはマンションなど集合住宅の一室も対象となります。そこで今回紹介するのは建築事務所CRAFTONEが手がけた「GARRET」。マンションの一戸の住まいの改修して現代的な空間へと変えています。

築31年のマンションのリノベーション

LDK: CRAFTONEが手掛けたリビングです。

今回のリノベーションの対象となったのはマンションの1区画。それは建てられてから31年という長い月日が経っていました。そのためキッチンやバスルームといった空間で感じられるのは古めかしさ。機能性のみを追求して雰囲気や外観を犠牲にしてしまったキッチンは、その最たる例といえるでしょう。同時に部屋の間取りにも今の時代にそぐわないものが感じられました。そんな空間は今回のリノベーションで生まれ変わっています。

古めかしい空間をシンプルで使い勝手の良いものに

LDK: CRAFTONEが手掛けたキッチンです。

リノベーションを依頼したのはマンションのオーナー。リノベーションした後に販売することを考えていました。そこで「セミスケルトン」という考えを元に改修工事が行われています。それは、そのままの状態でも住むことが可能で、必要に応じて手も加えることができる空間のこと。今後も空間を変えることができなければ、買い手を見つけるは簡単ではありません。そこで空間をシンプルで使い勝手の良いものに変えています。

間取りを変更して広がりのある空間に

LDK: CRAFTONEが手掛けたダイニングです。

建物の大きな変化の一つが間取り。本来の状態ではリビングルーム、ダイニングルーム、キッチンの他に3つの部屋がある3LDKでした。それが部屋の間の壁を取り払うことで1LDKへと変わっています。リノベーションを経て生み出されたのは広い部屋とLDK空間。マンションというと庭などの屋外空間が無く圧迫感を感じやすい場所です。狭い部屋はその感覚をさらに強調することになるでしょう。そこで間取りの変更で圧迫感を感じさせない空間を生み出したのです。

明るいリビングルーム

LDK: CRAFTONEが手掛けたリビングです。

間取りの変更が生み出したのは広い空間だけではありません。以前の間取りではLDK空間が窓から離れた場所にあり、外からの光が射し込みにくくなっていました。LDK空間と窓の間にあったのは寝室。それが間取りの変更によって取り除かれ、LDK空間に大きな生まれました。これによって家族の憩いの場には自然光が射し込み、明るく落ち着ける場所となっています。

生まれ変わったマンション

寝室: CRAFTONEが手掛けた寝室です。
CRAFTONE

寝室

CRAFTONE

マンションのリノベーションというと、一戸建ての建物とは異なり変更できる箇所は限られます。そしてリノベーション後の販売を考えると、行えることは更に限られることに。そこで今回行われたのはマンションの空間をシンプルなものにして、今後も改修が行えるようにするものでした。もちろん心地良い住まいにすることも忘れてはいません。このようなシンプルで心地良い空間は、今では新しい買い手へとわたり、新しい生活を演出しています。

【リノベーションについてはこちらでも紹介しています】

※ リノベーションのメリット・デメリットを実例とともに完全解説! 

※ マンションリノベーションのメリット・デメリットとは?実例と合わせてまとめ解説! 

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!