南面全景: 山田伸彦建築設計事務所が手掛けた家です。

homify 360°:家族と共に成長する「下北方の家・宮崎市の住宅」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

住まいの空間は、常に同じものが求められるとは限らりません。例えば、夫婦で住んでいるとしても、将来家族が増える可能性があります。そして時間が経てば家族は独立していくことに。そのため同じ家に住み続けるためには変化に対応できるようにしなくてはいけないでしょう。今回紹介したいのは将来の変化を考えた家。山田伸彦建築設計事務所は変化を受け入れることができるフレキシブルな家を実現させています。

シンプルな外観

家の敷地があるのは宮崎県の宮崎市。家は多くの緑が残された郊外の住宅地に建てられることになりました。建てられたのは木造平屋建ての住宅。それはシンプルなもので、黒色にまとめられた外壁と屋根が一層それを強調します。そんな家の前に広がるのは石を敷き詰められた庭。木も植えられておりささやかな緑を生活にもたらします。このような家と庭は共にシンプルであるため、まとまりのある空間を生み出しています。

庭に開かれた家

建物はL字型で庭に開く形で建てられています。庭に面したリビングルームにあるのは大きな開口部。そこにはガラス窓が取り付けられており。そんなガラス窓を開けると、庭がまるで家の一部のように見えるでしょう。そして暖かな陽の光や心地良い外の空気を家の中に取り込むことに。また窓際には小さなデッキ空間があり、縁側のように気軽にゲストを迎え入れる場所としても使うことができます。

心地良い室内空間

リビングダイニング(玄関側から): 山田伸彦建築設計事務所が手掛けたリビングです。
山田伸彦建築設計事務所

リビングダイニング(玄関側から)

山田伸彦建築設計事務所

内部に広がるのは明るい空間。建物の外観は黒色ですが、それとは対照的に白色が引き立つ空間になっています。壁に使われているのは白色の漆喰。天井もそれに合わせるように白色にまとめています。このような空間で印象的なのは部屋の広がり。屋根裏部分が無いため天井が高く、また庭に向けて大きな窓が取り付けられているため、圧倒的な開放感が得られるようになっています。そのため家の中では心地良さを感じることができるでしょう。

将来のことを考えて配置された家

リビングダイニング(書斎コーナーから): 山田伸彦建築設計事務所が手掛けたリビングです。
山田伸彦建築設計事務所

リビングダイニング(書斎コーナーから)

山田伸彦建築設計事務所

このような家で大きな特徴となっているのは、変化を受け入れるフレキシブルさ。家を建てる際には夫婦2人が住む空間として考えられました。ですが家は今後の増築を考えた配置になっています。建物の北側にあるのは子供ができた際に子供部屋を増築する場所。それ以外にも書斎などの増築の余地も考えられれているそうです。このように、ここでは家族の変化を受け入れることを前提としており、家の姿も変化していくようになっています。

家族と共に成長する家

家は一生に一度の買い物と言われるように、長く使うことを前提にして建てられます。ですが実際には家族の変化に対応できるとは限らず、家が手狭となってしまうことが多くあります。もちろん、それでは長く使うことも厳しいでしょう。本住宅では家族の変化を受け入れられるように、家を建てる当初から増築を考えたものになっています。もちろん変化だけでなく心地良い生活も可能になっています。このような家ではきっと長く気持ち良い生活を送ることができるでしょう。

撮影=Nacas&Partners Inc_中道淳

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!